いつかどこかで考えたこと。
Top ;Log-in
キャンティーンカップスタンド
2009年 09月 03日 |
米軍放出品の1クォートキャンティーンセット一式。
d0119595_16205155.jpg

左上から時計回りにキャンティーン本体、カバー、ステンレス製のカップ、アルミ製のスタンド。
このスタンドは最近欲しくなって購入した物で、スタンドとはいうものの、その実体は風防兼五徳である。
使い方は至ってシンプルで、こうやって狭い方にカップの底を嵌めて、中でなんか燃やせ、という感じ。
d0119595_16271867.jpg

米軍では制式の固形燃料を使うらしいけど、手に入りやすい一人鍋用の固形燃料を使ってみた。
d0119595_16283318.jpg

ほぼ無風の室内、カップ9分目程の常温の水を、28gのメタノール固形燃料(燃焼時間約30分)で加熱。
残念ながら、ぐらぐら沸騰、とまでは行かなかった。

周りを囲ってより風防効果を高めたり、カップにフタをしたり、下に熱反射板を置いたりして熱効率を高めてやれば沸騰するのかも知れないけど、面倒なのでいいや。
とりあえず、このままの組み合わせで、部屋で酒の肴にウィンナーをボイルするのにはもってこいだ。

そうそう、この3点を全部重ねて、カバーでひとまとめに出来る、という素晴らしいスタッキング性能を誇る。
d0119595_16401255.jpg

こういうシステマティックなところに妙に惹かれるのでした、にひひ。
d0119595_16483763.jpg

by hybrid-jp | 2009-09-03 16:46 | ギア | Comments(0)
<< 鶏わさ PageTop 畑のチカラ >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Flower Cake Skin by Sun&Moon