いつかどこかで考えたこと。
Top ;Log-in
にんにくの花芽摘み
2012年 05月 08日 |
この数日で、にんにくが花芽を付けてきた。
d0119595_118616.jpg

真ん中からスッと伸びているのがそれで、出来始めの頃は葉っぱと見分けが付かないんだけど、つまんでみるとしっかり中身が詰まっているので区別できる。
このまま放っておくとグングンと伸びて花を咲かせてしまう。
そうなると、喰べる部分である玉が大きく育ってくれないので、可哀想だが切り取ってしまう。
生え際からはさみでパチリ。
一回摘んでやれば、あとはもう生えてこないので安心。

※2012.5.14追記
とはいえ、あまり早いうちに摘んでも伸びては来るので、白い節(下の画像で指差ししている部分)が出来てから切り取ったほうが良いかも知れない。
d0119595_8451358.jpg

スーパーで「にんにくの芽」といって売ってるのがこの部分なので、もちろん喰べてもいい。

困っちゃうのが玉ねぎで、同じような花芽が出来るんだけど、にんにくのように出来たら育つ前に摘んでやれば良い、という訳じゃなくて、花芽が出た(とう立ちした)時点で玉に固い芯が出来てしまい、売り物にはならなくなるという。
なので、いかにこの花芽を付けさせないように育てるか、が重要なのだそうで、冬を越すまでに育ちすぎないようにするとか、低温に当てないようにするとか、いやいや品種によっても大分違う、とか色々工夫がいるらしい。
とはいっても、うちは農家でも無く出来た作物を売るわけでもないので、自家消費する分にはとう立ちは大した問題ではない。
玉ねぎもひとつひとつ見回って、出来た花芽は摘んでおいた。

ソラマメの葉っぱの上にてんとう虫がいた。
アブラムシの駆除はお前に任せたっ。
d0119595_1284135.jpg


今年もタイムが小さな花を咲かせております。
d0119595_1293828.jpg


きゅうり、トマト、なすの苗は、風除けにネットを張って育成中。
これ張ってなかったら、先日の強風でみんなダメになってたかもしれない。
張っといて良かった。
d0119595_12101945.jpg


アスパラガス、2本目が出てきた。
明日の朝辺り、採り頃かなぁ。
d0119595_1213669.jpg

by hybrid-jp | 2012-05-08 12:34 | 土いじり | Comments(0)
<< 薫風の候 PageTop 夏野菜あれこれ >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Flower Cake Skin by Sun&Moon