いつかどこかで考えたこと。
Top ;Log-in
2007年 06月 24日 |
リネのブログを復活。
とりあえず運営会社であるNCJのとこで再開してみた。

Caught in a mosh again

使い勝手はあまりよくないのでそのうち引っ越すかもですが
リネに興味のある方はどうぞこちらもご覧になってください。

※08.01.29 削除しました
2007年 06月 19日 |
梅酢の上がり具合はいかがでしょうか。
ウチのはこんなカンジになった。
d0119595_12343964.jpg

若干色が赤いのは、重石を載せる蓋に
すでに赤紫蘇の色が着いた木蓋をつかったからだ。
本来なら、無色透明な梅酢が上がっていることだろう。
さて、そろそろ色付けに赤紫蘇を入れるとしよう。
d0119595_12353075.jpg

今回はこれを2束買ってきた。
葉を摘み取って重さを量り、梅と同じく18%の重さの塩を用意する。
写真は2束分の葉、重さは250g。するってぇと塩は45gってとこですかね。
d0119595_12355693.jpg

ざっと葉を洗って水を切り、塩をまぶして良く揉んでアクを搾り取る。
もうぎゅっとやっちゃってください、ぎゅっと。
もういいかな? って頃にはこんなカンジになってるかと。
d0119595_12362096.jpg

優しくほぐしながら、まんべんなく梅の表面に散らして
d0119595_12364635.jpg

木蓋を載せて重石を載せる。
もうあまり重さは必要なく、全体が梅酢に漬かっている状態を
維持さえできればいいので、1kgのものにしてみた。
d0119595_12371783.jpg

アク抜きした紫蘇を入れた瞬間、梅酢が真紅に染まる。

このシソ投入の際に、カビが発生してしまうことが多いらしい。
カビ除けのためにできるだけ水気を嫌って作業する、という
観点から言えば紫蘇の葉を洗ってから天日に干し、完全に乾いてから
塩をまぶしてアク抜き、という手順を踏めばよかったのかもしれないが

めんどくさかったのでやめました。

まあ、カビは大抵梅酢から顔を出した部分に出てくるので
何日かは注意してみていようと思う。
2007年 06月 15日 |
床屋で坊主にしてきた。
5mmという髪の長さは、これまでの我が人生における最短記録やも知れぬ。

若い時はそれなりに格好つけて美容室で(それも予約してだ)
髪を切ったり、パーマかけてみたりブリーチしてみたりもしてみたものだが
二十歳くらいからはずっと床屋である。
それも別に注文などは付けない。
適当に短く刈ってもらって終了だ。
最近はそれがさらにシンプルになり、坊主になったというわけだ。

あーだこーだとお互いにいいかげんなことを話しながら、
のんびりと髪を切ってもらいひげを剃ってもらい、シャンプーに
ヘアトニックに肩もみ付きではいお疲れさまー、というのが好きだ。
だから安くても1000円床屋などには行かない。
今通っている床屋で、果たして何軒目なのだろう。
何もオレがころころ床屋を変えているわけではなくて、
床屋の方が店をたたんでしまうのである。
ほとんどの店は後継者難が理由だったりするんだよね。

貴重なリフレッシュ空間なのだ、頑張ってくれ全国の床屋さんよ。
2007年 06月 13日 |
d0119595_1344785.jpg

タバスコ。

スパゲッティやピザのお供として使われるコイツだが、
そういう使い方をするのは実は日本を含めたアジアのあたりだけだそうだ。
その辺の事情は森枝卓士氏の「ヨーロッパ民族食図鑑」という本で知った。
アメリカの調味料である(ビンにそう書いてある)タバスコと、
イタリアのパスタ料理との日本における邂逅の物語はなかなか興味深い。

ちなみに、アメリカ人はタバスコをスパゲッティーやピザに限らず
色々なものにかけるし、逆にイタリア人は「タバスコ? なにそれ」なんだそうだ。
壇一雄氏は著書「壇流クッキング」の中で、焼き肉のタレの類いに
「2~3滴たらしこんで『どうだ? うまいだろう?』とすましておく」と述べている。
そういえば、卵サンドの具(ゆで卵をつぶしてマヨネーズと合えたアレです)に
少々たらす、という使い方も聞いたことがあるな。

塩と酢と唐辛子で作られたこのシンプルなソース、結構好きだったりします。
2007年 06月 06日 |
さて、それではいよいよ漬けるとしよう。
まず、漬けるための容器を煮沸消毒しておく。
といっても、オレはあまりしっかりとはやらない。
容器が入るような大きい鍋無いんだもん。
適当に口廻りを熱湯に漬けまわしたり、中に熱湯を注いだりしてOKなことにしちゃう。

で、アク抜きした梅をザルにあけ、水気を布巾で拭き取りながらヘタを取る。
d0119595_16143635.jpg

つまようじででも突っついてやれば、簡単にキレイに取り除ける。

続きを見る
2007年 06月 05日 |
梅雨の声が聞こえてきたら、梅干し作りの季節だ。
以前にも書いたことはあるが、今回は画像など交えながら
オレの梅干しの作り方を公開してみようと思う。
難しいことなんてなにもない。
そして、本当に美味しい梅干しが出来ること請け合いである。

まず、近所のスーパーで南高梅を用意する。
いつもは2kgだが、今年からは家族もいるので3kgにしてみた。
d0119595_2002884.jpg

これをアク抜きのために一晩水にひたす。
d0119595_201653.jpg

まだ始まったばかりではあるが、続きはまた明日。
2007年 06月 04日 |
twitterを始めてみた。

アカウントはこれ

興味ある方はどうぞ。
2007年 06月 03日 |
ふと思い立って、安い竿と仕掛けを購入。
えさ込みで1300円くらいであった。
二時間ばかり、近所の川で浮き釣りなど試みる。
d0119595_1740227.jpg

結果はボウスでした、ヒャッハー。
2007年 06月 02日 |
近所のホームセンターで買ってきたこの金具
d0119595_15591286.jpg

これってなんていうのかね?

買ってきた製品を見ると『ヨート』とあるが、そんな呼び方初めて聞いたぞ。
さらに?型でなくL型のものを『ヨーオレ』、完全に輪になっているものは
『ヒートン』と呼ぶのだとパッケージ裏に説明があった。

ちなみに、オレは『はてな』と呼んでいる。
PageTop
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Flower Cake Skin by Sun&Moon