いつかどこかで考えたこと。
Top ;Log-in
2007年 08月 27日 |
唯護一刀のoff会(関係者各位お疲れ様でした)で訪れた秋葉原にて、
手持ち無沙汰な時間に一人アウトドアショップへ赴いて飯盒を購入。
トランギアというメーカのメスティンというもの。
d0119595_14231126.jpg

輸入販売元であるイワタニ・プリムスのHPには
『世界最小のアルミ製飯ごう(メスティン)です』とあるが、
果たしてスウェーデンに飯盒という概念があるのかどうか。
お値段1200円、シンプルでタフそうなオレ好みのアイテムだ。
タフでラフでシンプルでかつゴージャス、Yes!(c)Rhymesterはおいといて
蓋と本体の縁にバリがあったので、ペーパーで軽く擦って落とす。
カタログスペックでは寸法165×95×65、最大容量750ml。
炊飯は1合半くらいが限度かな。
昼飯に1合の米を炊いてみたところ、実に良く炊けた。
水加減はオレ式で中指第一関節の半分、ってとこだな、メモメモ。

旅で使うクッカーはずっとアルミのものを選んでいる。
飯を炊いてもチタンのように焦げたりせず、鉄と違って手入れなどせずとも
錆びる事も無く、こびりついてもガシガシとこすり落とせる。
なによりも軽量であることを重視する山屋さんにはまた別の意見があろうし、
クルマにたくさんの道具を積み込んで出かけるファミリーキャンパーは
また違った視点を持っているだろう。
あくまで、オレのスタイルに合っている、ということだ。

次はコイツと出かけよう。
2007年 08月 15日 |
今年の梅を干すの図。
d0119595_1401525.jpg

旅から帰ってきた土曜日の朝、帰宅して一番にやったのがこれとはいかがなものか。
3日目が少し雲がちな空だったので、4日間干して終了。
1、2日めは夜に梅酢の中に戻し、3~4日目はそのままベランダで夜を越させた。

去年の経験から、風通しがよくなるようにざるを少し高いところに置いたら
梅がざるにくっつくこともなく、実によく干しあがった。
まあ、洗濯籠の上に乗せただけなのだが。

さて、そのうち一個食ってみるとすっかー。
2007年 08月 12日 |
夏っつーとこー朦朧としてるうち翻弄されちゃうよどうも(c)SDP

朦朧としてなくても翻弄されなくてもなぜか夏になると食いたくなるもの。

d0119595_1472062.jpg


気が付いたらもう30年以上食ってますよ確実に。
2007年 08月 12日 |
なるものをHPの方にUPしたのでよければ。
ついでに現地で食ったラーメンMEMOなんぞも。

からまわりオーバードライヴ
2007年 08月 11日 |
朝5時に東京港に到着、一時間弱で家へ帰ってきた。
奇しくも東北の時と同じく9日間の旅である。
この季節に旅をしたのは初めてだったのだが、
なにはともあれ暑さと日焼けの対策はしっかりしておくべきだと思った。

ひまつぶしにと持っていったハルヒ4冊のうち3冊を
豪雨降りしきり雷鳴とどろく初日のテント内で読破してしまったり、
大津で泊まった宿『きよみ荘』の目の前にある『まの浜水泳場駐車場』の
小僧どものDQNっぷりと態度の悪さにキレかかった
り、
日暮れてからたどり着いた松山で6軒のホテルに満室だと断られたり、
相変わらず面白いことがあちこちに転がっていた、と思う。

あと行ったことがないところはどこだろう。
北海道、高知、福岡と佐賀以外の九州、沖縄。
伊豆七島。
小笠原。
隠岐も壱岐も対馬も佐渡も、島嶼は殆ど未踏だ。
日本はまだまだ広い、少なくともオレにとっては。
2007年 08月 10日 |
d0119595_833422.jpg

9:30に徳島港に着いた。
出港は11:30である。
特にする事も無いので昨日コンビニで買ったパンでも紹介しよう。
リョーユーパンというところが出している九州味紀行シリーズというものらしい。
メーカーそのものが初耳だ。
試みに今、「佐賀嬉野茶クリームロール」を食べているが悪くない。

まあ、こういったご当地商品はご愛嬌としても、
オレは九州でマズいものを食った記憶が無い。
場所でいえば博多、小倉、唐津、通算でラーメン6杯、
居酒屋で呑むこと3回くらいの経験しか無いけどね。
ラーメン、小魚の丸干し、ギョロッケ、各地の焼酎、どれも例外なく美味かった。

オレの味覚は九州人のそれに近いのだろうか。

基本的に好き嫌いないからどこ行ってもうまいうまいと何でも食ってる気もしますが。
2007年 08月 09日 |
d0119595_1514866.jpg

夕べは小倉駅前の商店街で呑み、ラーメンを食べて終了。
早さん、どうもごちそうさまでした。

10時にチェックアウトして門司港をぶらつき、
昼飯にまたラーメンを食って新門司港へ。
一昨年の九州ツーリングと同様、フェリーで帰ることにした。
出航が19:10なので慌てて来ることも無いのだが、
行動資金も尽きたし待合室でのんびりと時間をつぶすことにする。
この辺りは何にも無いから手持ち無沙汰ではあるが本でも読んで過ごすかな。

あと四時間か、なげー。
2007年 08月 08日 |
さて目が覚めたら松山からちょっと北にある堀江港へ。
ここからフェリーで呉へ渡り、海上保安庁資料館、てつのくじらかん、
大和ミュージアムと見物三昧。
話には聞いてたが潜水艦の艦内はホントに狭かった。
見終わったらちょうど昼だったので広島に出てお好み焼きを食べた。
国道沿いの小さな店で、近所の勤め人とおぼしき人でいっぱいだったが
なんとかカウンターに潜り込む。
実に美味。
そのまま国道2号で山口県を横断し、関門トンネルで九州に上陸。
今日の宿である小倉駅前のビジネスホテルにチェックイン。
シャワーを浴びている間にコインランドリーで洗濯を済ませる。
さて、身も心もさっぱりしたところで、呼び出した早鞆干珠さんが到着したようなので
小倉の街で飯食ってきます。
2007年 08月 07日 |
d0119595_22595574.jpg

潮岬からくしもと大橋で大島へ。
東端にあるトルコ軍艦遭難記念碑を見るためだ。
こんな昔のことがきっかけで、撃墜される危険を冒してイラクに着陸して
日本人を救出してくれたのかと思うとただただ感謝。
その後和歌山からフェリーで徳島へと渡り、
香川県鳴門市~さぬき市と走ってうどんでお昼。
セルフと看板にあるのではて何がセルフなのか、
もしや自分でうどんを茹でさせられるのかと身構えつつ、
学食みたいなカウンター(奥は調理場になってる)の
左端にいる姉ちゃんにかけうどんを注文するとちゃんと彼女が作ってくれた。
ありがとうございます、とテーブル席に運んでいったら、
カウンター右端の姉ちゃんからお呼びが。
なるほど、注文したうどんをカウンター左端で受け取ったら、
真ん中へんに並んでる様々な具とか薬味を好みで追加しつつ、
右端のレジで全部の代金を支払う訳ね。
食い終わる頃気が付きました。

その後、テントを張るつもりだったキャンプ場がいまいちだったので、
松山まで走り抜けて駅前のビジネスホテルに宿を決める。
居酒屋で軽く呑み、中華料理屋でラーメンを食う。
どっちも美味だった。

ちなみに画像は、リアルでも焦げたなちさん。
2007年 08月 06日 |
d0119595_19165849.jpg

d0119595_1917147.jpg

リネ兄弟のShagyPaulとギガゾウと痛飲した翌朝、
和歌山県の潮岬を目指す。
本州最南端の岬だそうだ。
ちなみに、「しおのみさき」と読む。
知らずに「うしおみさき」とか勝手に読んでたら、
昼飯食いに入ったうどん屋のおばちゃんにそれどこよとか突っ込まれたぜハハハ。
画像は途中寄ったJR那智駅の前に立ってたヘンな看板と潮岬のキャンプ場。
PageTop
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Flower Cake Skin by Sun&Moon