いつかどこかで考えたこと。
Top ;Log-in
2007年 12月 30日 |
パーコレーターでコーヒーを淹れるの図。
なにそれ? という人も多いかも知れないのでちょっと説明をば。
外から見るとこんな形をしている道具で
d0119595_2022771.jpg

中にはフタと底に無数の穴が開いたカゴ状の容器が入っている。
d0119595_2025123.jpg

そのカゴを脚付きのパイプが貫通しているといった構造。
d0119595_2034028.jpg

カゴのフタを開けて中に荒挽き(がいいらしいが無かったので普通の細挽き)の
コーヒーを入れてフタをし
d0119595_20331364.jpg

外側の容器に水を入れて火にかける。
d0119595_2034252.jpg

フタのてっぺんには、透明なプラスチック製のつまみがついている。
d0119595_20393937.jpg

沸騰した湯がパイプを通り、このつまみの内側にポコポコとあたって
カゴの粉へと落ちる。粉を湿らせた湯は容器の底へ戻り、
再びパイプを通って以下略。

そのうちつまみに当たる湯が徐々にコーヒー色になっていくので、
適当なところで濃さを見極め火からおろして出来上がり。

抽出されたコーヒーが沸騰しながら循環して濃くなっていくわけで
ご想像のとおり味わいからいうとドリップの足元にも及ばない。

まあ、雰囲気ですよ雰囲気。
沸騰してるわけなので熱いコーヒーが飲めるというところと、
作ってる最中に部屋に漂う香りはなかなか悪くない。
2007年 12月 28日 |
引越し以来、押入れに突っ込みっぱなしだった
ターンテーブルやらを引っ張り出してみるの図。
d0119595_9364948.jpg

我が家の居間用にと買われて来たものの、早々に使われなくなって
放置されていたニトリのベンチを台にして並べて見た。
幅はちょうどいい感じ、ぐらつきも無く上々なのだが高さが微妙。
あぐらかいて座ると操作面が高すぎるし、立つとこれまた低すぎる。

まあ、適当に四畳半MIXするだけなので無問題なのだが。
こんなカンジに
2007年 12月 27日 |
茶里にやれと言われたので、明日28日(金)21:00からねとらじをする。

livedoor ネットラジオ/ねとらじ

番組名は『闘球団RadioStage』

内容はオレがただ生で一人でしゃべるだけ、30分くらいを予定。
放送中なんかあったら、このblogのリンクにあるBBSに書いてくれ。

ここからRazie落として入れとくと
不在でも番組の自動録音とか出来ていいかも知れない。

そこまでするような放送かどうかは知らんけど。
2007年 12月 25日 |
第一回skype呑み会の時、
『おまいらなんか好きなプラモ作って各自ブログに公開せよ』
という指令を出した言い出しっぺとしては、なんかつくらないかんなー、
でもその気になるキットが無いなー、という状態であった。
そもそも近所にプラモ屋がねえ!
で調べてみたら、割と近くに小さな店、かなり遠くに大型店舗があった。
先に大きな店へ行ってみたのだが、艦船模型(ここでも船かお前は)の
種類は多いのだが、微妙に食指の動くキットが無く手ぶらで帰ってきた。
後日、小さな店の方へ行ってみたら、艦船模型そのものがねえ!

打ちひしがれつつ店を出ようとしたそのとき、啓示が降りてきた。
ということで、製作時間3時間半ほどの超適当な作品。
d0119595_2119556.jpg

塗装はマスキングなしの平筆一本フリーハンド、デカールなんぞ
途中でめんどくさくなって貼るの止めたスペシャル。

しかしなつかしいな、たまごひこーき。
子供のころは結構このシリーズ作ったんだよなー。
とはいえ、オレが作ったころは二次大戦時のレシプロ機なんかも
ラインアップされていたように思うが、今回のハセガワの再販では
現用ジェット戦闘機のみになっているようだ。
そういえば、『タマゴたまご』なんていうマンガもあったように記憶してるぞ。

そうそう、箱がこんなんだったんだけどさ
d0119595_2122236.jpg

こういうキャラ付け(しかもこのキャラのフィギュアは入って無い)しないと
売れなくなってきてんのかね、プラモって。
2007年 12月 22日 |
本当に描いてくれた。
http://file.matsurisei.blog.shinobi.jp/eaaf95f6jpeg

ありがとな、マツリ!

ちゃんとアマゾンで予約しといたぜ、1巻。
2007年 12月 20日 |
知る人ぞ知るチャンピオン読者であるオレだが、このたび愛読している
『マイティ・ハート』のコミックス1巻が発売されることになったらしい。

マツリおめえええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ

ということでバナーを貼っておく。
元サイズがでかすぎたので勝手に縮小しましたが。

d0119595_1956544.jpg


きゅぬーでずっ尻なひょうたんプリティー、正義の味方舞島心ことマイティ・ハートが
悪と戦うヒロイン物というか、悪の幹部と嬉し恥ずかしドッキドキ物というかなのだが
作者の作ったバナー画像をよく見たら「お色気変身ラブコメディ!!」とか
「純情怪人ラブコメディ!?」とか書いてあるな。
まあそういうマンガなので、好きなやつは買ってやるとマツリも喜ぶぞ多分。
なれなれしくマツリとか呼んでるがぜんぜん知らない人なんだけどな。

念のためHPの方にも貼っておいたからなんかクレ、マツリ。

※12/21追記
 なんかマツリが鉛筆で描いてくれるらしい。
 じゃあおへそとぱんつが見えてる舞島さん希望な! マツリ!

そのうち近所の本屋に予約しに行かないとな。
と思ったらアマゾンの予約も始まったようで。
2007年 12月 19日 |
d0119595_17112534.jpg

この状態で見るとなんだかわからんな。

UCOのキャンドルランタンを購入。

いきなりストーブ(アウトドア用のコンロだね)の話だが、一泊二日程度なら
ガスを使うタイプのものが手軽でいいのだが、数日に亘るツーリングだと持っていく
ガスカートリッジの数が増えてかさばるし、不案内な旅先で専用のカートリッジを
探すのも面倒だったりする。
なので、そんなときはガソリンストーブを持っていくことが多い。
今使っているMSRのDragonflyは燃焼器具用のホワイトガソリンだけでなく、
スタンドで売ってる普通のガソリン(赤ガス)が使えるので重宝している。
実は以前からイワタニ・プリムスのP-541というガスランタンを持っているのだが、
ランタンのためだけにカートリッジを持っていくのもなんなので、ツーリングの時は
明かりは乾電池式のLEDヘッドライトひとつで済ませていた。
食事の時は頭につけて、終わればテントの天井からぶら下げて本でも読むわけだ。
そんなわけで、今までランタンの出番は殆ど無かった。

Colemanあたりのガソリンランタンにすれば燃料が共通化できていいかも!
と思ったこともあるが、赤ガスが使えるものはあまり見かけないし、
なにより大きすぎて重すぎる。衝撃にも弱そうなのはバイク旅には致命的である。
なんかいい明かりはないもんかねぇ、と色々見ていたらこいつを見つけた。
要は、ろうそく立てにガラスの風防を取り付けたものだと思えばOK。

近所のショップには軽量なアルミボディに赤や青の塗装をしたモデルが
置いてあったのだが、ブラス無垢のモデルが欲しかったので通販で買った。

引き出すとこんな感じになるので
d0119595_1745344.jpg

ガラスの風防を引き下げて点火、風防を元に戻す。
d0119595_17461494.jpg

実にいい感じの、心温まる灯である。
眺めながら酒を呑んだりするのにぴったりだ。
今度はこいつも連れて出かけよう。
2007年 12月 07日 |
YG関係者諸氏へ。
今日の夜、Skypeで飲み会やります。

21:00からの予定。
ヒマ人は酒肴揃えて凸してこい。
2007年 12月 07日 |
昼飯に辛い塩ジャケでお茶漬けを。
写真撮るまでも無いよね? よね。

甘塩で脂の乗ったヤツも美味いし、フライやバターソテーにした生鮭も
無論美味いんだが、こと辛塩というか極辛の紅鮭はまた一枚上の美味。
もうさ、焼く前の状態からして身の色が重みというか暗みのかった赤でさ、
それでいて塩で身の肌目がぎゅっと締まってて、焼くと一面に塩を吹いて
真っ白のぼっこぼこ(表面がね)になるようなヤツね。
そんで箸を入れるとさ、脂の無い背の辺りの身なんかこまかーくなって
こなごなっという感じでほぐれてくるような。

もちろん、こんな塩分の高いものを好んで毎日毎食食べてたら大変なんだが
たまーにお茶漬けとか食べるときくらいいいじゃない。

丼に入れた冷やご飯の上から沸かしたての熱湯をたっぷりかけ、
よくほぐしたら皿か何かでフタをして隙間からお湯を捨てる。
骨を取って細かくほぐした鮭を適量まぶして、熱湯をかけ出来上がり。
今日は永谷園のお茶漬け海苔(これも美味しいよね)が切れていたので、
お湯をかけるだけにした。

一杯じゃ足りなかったので、今年漬けた梅干でお茶漬けをおかわり。
食後に日本茶を入れて一服。
うむ、質素なのに満ち足りた気分なり。
2007年 12月 04日 |
d0119595_13332256.jpg

バイクのブレーキフルード交換をするの図。

引っ越す前までは近所のバイク屋になにからなにまで任せっきりだった。
そこで買ったのでは無いバイクまで普通の顔をして持ち込み、
悪いけどちょっと診てくんない? と整備のスタッフに声をかければ
「あーこれこれが減ってますねー、あと何々もそろそろですよ」と
親切に教えてくれたし、んじゃー今日はこれとこれを換えとくれ、
残りはまた給料出たら寄るわー、などとやっていたものだ。
命に関わるものを素人がいじくるより、お金を払ってプロに任せた方が安心。

しかしながら、ここにはそんな懇意にしているバイク屋も無い。
大型の量販店もあるが、全てを任せっきりにするわけにもいかない。
よって、出来ることは自分で何とかすることになる。
金も無いことだしな。

エンジンオイル交換、バッテリー交換、エンジンプラグ交換など
さほど難しくないことからちまちまと取り組んでいる昨今である。
PageTop
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Flower Cake Skin by Sun&Moon