いつかどこかで考えたこと。
Top ;Log-in
<   2008年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧
|
2008年 08月 12日 |
久々に、新井素子の「絶句」という作品を読む。
amazonにリンク張ろうかと思ったら、もう新本で手に入らないのか画像が無かったのでいいや。

作者と同じ名前の女の子(というか、これを書いた当時の作者そのもの)が書いた小説の登場人物たちが、ある日突然原稿用紙の中から現実世界に飛び出してきてしまう。
状況が飲み込めずあたふたしている作者を尻目に、作者によって与えられた能力を活かし、彼らはこの世界で生活を始めるのだが…、といったお話。

この人の作品は殆ど持っている。

当時は彼女独特の「口語体を中心に据えた大胆な文体」は実に衝撃的であった。
まるで友達への手紙でも書いているような、およそ小説には似つかわしくないその文体で描かれる、背伸びしない、等身大の登場人物が同世代の読者の熱狂的な支持を集めた反面、「物書きとしてふさわしくない」「日本語の破壊である」などという批判も多かった。
まあ、それでも今のご時世では、ラノベの元祖とか言われてるんだろうなぁ、と思ってwikipedia見てみたらその通りになってて軽く吹いたりもする。

これ最初に読んだのは多分高校生の頃だと思うが、今読んでも面白い。

彼女の作品の主人公は、たいてい負けん気が強くて行動力のある女の子である。
自分を取り巻く「世の中」の不条理にぶつかったって、持ち前の行動力で立ち向かっていく。
それでも悩み、壁にぶつかり、自信を無くしてみたりもして。
それを乗り越える原動力となる情熱、自分自身の思い。
そういうものが(時には恥ずかしくなるくらい真っ正直な青臭いものであっても)決して鼻に付かないのは、それが高校生でSF作家としてデビューした、若い作者自身の心の叫びだからだと思う。

いい歳こいた大人が中高生を主人公にして、手垢の付いたネタをこねくり回して作っているあざといストーリーとは訳が違うのだ。

面白かったので、13年前に買ったっきりになっていた「ブラック・キャット」シリーズの第3話「キャスリング 後編」と第4話「チェックメイト 前編 後編」をポチることにする。

一番好きなのは「星へ行く船」シリーズ。
2008年 08月 08日 |
なんか勢いづいてきたかも。

からまわりオーバードライヴ
2008年 08月 05日 |
久々にリネやってたり。
d0119595_16142445.jpg

カマエルが来たときにやめたのでまる8ヶ月ぶり。
最初はメインアカに課金しようと思ってたのだが、「はじめてのリネージュ2」というパッケージが2k弱で売ってたので、それを使って敢えて新アカにてプレイ中。
まあ、色々アップデートに伴って変更があったみたいだから、実際新規で始めてみてその辺を体験してみよう、と思ってさ。

時間制限つき使いきりの幻影武器だけでなく、お手ごろ価格な量産武器・防具・アクセサリーが実装されたのは助かるね、無一文的には。
しかしながら、NPCがかけてくれる初心者¥が、Lv62までもらえるとかありえないだろ。
メインをバッファで遊んでた人間としては、かなり寂しいぞよ。
PageTop
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Flower Cake Skin by Sun&Moon