いつかどこかで考えたこと。
Top ;Log-in
2009年 10月 26日 |
最近また散歩を再開して、1時間半程度、近所をほっつき歩いていたのだけれど、特に目的も無くうろつくのにもいささか飽きてきた。
なので、近所にあるスイミングクラブに入会してみた。

とはいえ、オレは12mくらいしか泳げないので、スイミングが目的ではなく、そこに併設されているマシンジムの方がお目当てである。

初日と2回目はインストラクターがマンツーマンで付いてくれて、マシンの取り扱いや自分に合ったウェイトの負荷などについてアドバイスをくれたので、それを参考にしつつ適当にアレンジを加えて毎日こなしている。

ストレッチをしてから軽くウォーミングアップにバイクを10分、ウェイト系を一通りこなして30分ほどウォーキング。
またストレッチをしてお終い、というのが今のメニューになっている。
目的が減量なので、有酸素系であるバイクとかウォーキングをもっと増やすのが望ましい、のだけれども、いきなり勇んで高負荷をかけて体が参っても困る(まさかこれで、と思うような負荷でも壊れるんだよ嫌だね歳取ると)ので、あせらずじっくりと進めていく事にする。
有酸素系のマシンには全て小さなTVが付いている他、iPodなどを持ち込んで接続できるような仕掛けがあり、それらを見たり聴いたりしながら汗かけや、ということになっている。
オレも早速歩きながらテレ玉の浦和vs大宮の試合を観たが、あれよあれよという間に3点取られて惨敗とどうにもいかんなぁ。

バイクの正面にあるパネルの図。
d0119595_1959729.jpg

ブレとボケが絶妙なスピード感を演出しているけれど、床に固定されているので動いてません。

ジム行き始めてからご飯が美味しくて、体重がちょこっと増加してたりします。てへ。
2009年 10月 08日 |
今はもう遠いとおい昔むかし。
小学生だった頃、フィールドアスレチックが大好きだった。
つっても、ポケットメイトのフィールドアスレチックスじゃねーぞ。

ポケットメイト13 フィールドアスレチックス
タカラトミー (2006-02-16)
売り上げランキング: 43755



もちろんやってたけど。

京浜急行の各駅停車に乗って一駅、屏風ヶ浦というところで降りて駅前の坂をえっちらおっちらと登っていくと、程なくして「のびの里フィールドアスレチック」という施設があった。
本当に子供の頃の話なので、友達同士で行くという訳では無く、両親+ご近所さんのピクニック気分のお出掛けに連れてってもらう程度だったのだけれど、前日の夕食の時に「明日はアスレチック行くよ」と母親に告げられると、それは楽しみでなかなか寝付け無かったりした。

で、いよいよ現地に到着して、親が施設入り口のプレハブ小屋で入場料払ったりなんだりしてる間に、オレは一目散にフィールドへと駆け出すわけだ。

フィールド(ったって雑木林を開いただけだったように思う)の中に点在するアトラクションというか種目というか、ブランコとかシーソーとか懸垂とかターザンロープとかそういうのを番号順に指定された回数こなして次へ行く、と文字で書いてしまうとただそれだけの話なんだけれど、体を動かして一つ一つクリアしていくと、何か大冒険をしているヒーローのような気持ちになったもんだ。

最後はロープで作られたネットを昇り降りして、ゴール。

プレハブ小屋に戻ってきて、両親たちとお弁当。
おにぎり、玉子焼き、から揚げなどをお腹一杯食べたら、もう一周しに駆け出して行ったりして。

そういえば、小学校高学年くらいから今に至るまで、アスレチックやってないな。
今となってはあの身軽だった子供はどこへやら、すっかり運動不足のオッサンになっていますし。
大体、「オレは今日はここで待ってるよ」と言って小屋でビール飲んでた、あの日の父親の年齢を、すでに超えているかもしれない。
そして「のびの里」も、随分前に閉園してしまったようだ。寂しいな。

まあ、運動不足はよくないよな。
また散歩でも始めっかな。
PageTop
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Flower Cake Skin by Sun&Moon