いつかどこかで考えたこと。
Top ;Log-in
2010年 06月 16日 |
ツーリングに備えて、バイクを点検整備。
そろそろスリップサインの出そうなフロントタイヤ、ツーリング中に交換時期の来そうなエンジンオイルは換えるとして、ドライブベルト、ムーバブルフェイス、ウェイトローラー、スライドピースといった駆動系、うーんこれはもう少し保ちそうだけどなぁどうしようかなぁ。
と悩みつつ近所のドライバーズスタンド2りんかん東川口店へ行ったら、駆動系を格安工賃で交換してくれるメニューが出来ていたので、お願いすることにした。
交換したベルトを見せて貰ったが、走行距離が12,000km弱だったので大きなひび割れ等も無く、あまり劣化はしていない印象ではあったが、まあ、長い距離を走るんだし、早めに換えておけば安心だ。
なにより、「ギリギリまで使ってやるんだもんね」などとやって高速の上でベルトが切れて立ち往生した、5年前のGWのような目に遭わずに済む。

もうね、路肩をえっちらおっちらと大汗かきながらバイクを押してるとさ、「ぅぅぅぐうぉおおおおおおおおおおおおおおぉぉぉぉぉんんんんんんんんっ」とかいうサウンドと共に後ろから大型トラックとかがバンバンすぐ側を駆け抜けていくのね。
「ああ、FF3でキングベヒーモスにバックアタック食らうのってこんな感じなんだろうな」とか思ったね。

それは置いといて。
これもまだ大丈夫そうだったけど、念のためにバッテリーも交換することにした。
04年式のモデルだし、今までに誰も換えてなければ6年目だ。
キックも無いしスクーターなので押しがけも出来ない、となれば換えて置くにしくは無い。

というわけで、やはりDS2りんかんへ行って新品のバッテリーを買ってきた。
d0119595_14234345.jpg

古河電池のFTZ12S。
別に古河、という名前に惹かれてこれを選んだわけではなく、これ以外適合する物が無かっただけの話である。あんぱんっ。

箱には「電解液を入れて40分うんぬん」とあるが、このモデルは液入り充電済みなので取り付ければすぐに使用できる。
フォルツァのバッテリーはシート下にあるので、シートを開けてマットを取り外す。
d0119595_14325695.jpg

中央のプラスねじを外すと、バッテリーにアクセスできる。
d0119595_1436527.jpg

しかし、このプラスチックのフタというかカバーの外し方がいまいちよく判らない。
オレはいつも力任せに取る。
d0119595_14371610.jpg

バッテリーが見える。
マイナスの端子を先に外し、プラス端子を外したらバッテリーカバー(赤と黄色のカプラが付いている板)を止めている上下2本のねじを外す。
d0119595_14385823.jpg

バッテリーに掛けてあるループを引っ張って取り出す。
取り出し用のループはバッテリーには付属してこないので、取り外して新しいバッテリーに掛ける。
新品のバッテリーをセットして、今度はプラス端子から接続してやればOK。

これで、バイクの整備関係は完了。

あとはキャンプ道具関連の絞り込みだな。
2010年 06月 10日 |
さて、新しく買ったシュラフだが、早くも「もうちょっと番手上げとけば良かったかなぁ」と後悔し始めた。
色々見てみると、#7というのはいわば夏の平地専用といった感じで、北国である北海道、それも道東方面では夏とはいえどかなり冷え込むこともあり、モンベルの番手で言うと#3+シュラフカバー、という組み合わせなどが良いという意見が多い。

カタログによるスペックは下記の通り。

   快適睡眠温度域   使用可能限界温度域
#7     10℃             3℃
#3      0℃           -10℃

モンベルのHPにあるQ&Aを見ると、快適睡眠温度域というのは暖かく寝られる温度、使用可能限界温度域というのは寒いけど工夫次第で使用可能な温度、とある。
口の悪い人の中には、限界温度=死なずに済むってだけの温度、とか言う人もいるけれど。

いくら暑がりのオレとはいえ、せめて快適温度が6℃の#5あたりにしておくべきだったか。
でも、それだったら今は亡きIBS石井スポーツのマッテンベルダウンシュラフ、参考使用温度-6~12℃(と書いてあるが、低い方がモンベルでいう限界温度だとすれば、プラス10℃見当で快適温度は6℃である)と被るしなぁ。

とりあえず、シュラフカバーと併用することにしよう。
2010年 06月 09日 |
7月初旬に予定している北海道ツーリングに向けて、テント、シュラフ、マットなどを更新。

買い換え、というか買い増すに至った理由は

テント:
毎日移動-設営-撤去、を繰り返すツーリングだと、若干設営に手間が掛かるランドライトより、より手軽に設営でき、なおかつある程度荷物の置ける前室のある物が欲しくなった

シュラフ:
3シーズン用の化繊の物があるのだが、かさばるのでコンパクトな夏物が欲しかった

マット:
常用しているサーマレストのトレイルは収納時の長さが51cmあり、防水のシートバッグに入らないので今まではスクーターのシート下に積載していたが、シュラフと一緒にバッグに収納できる小さな物が欲しくなった

などである。
2008年7月のエントリに書いた装備のうち、ムーンライト1型とプロライト3を処分してしまったこともあって、新規購入することにした。

色々と検討した結果、テントはクロノスドーム2型、シュラフはU.L.スパイラルダウンハガー#7、マットはU.L.コンフォートシステムパッド150cmU.L.コンフォートシステムピローを選択、ついでに、ミニタープHXを購入。
奇しくも、すべてモンベル製品と相成った訳だが、別に信者という訳では無い。
その割りに、最近はTシャツもブーツも持ち歩く鞄もモンベルだったりしますが。

さて、マットやシュラフは自室でも使い勝手を試せるけれど、テントやタープはそうもいかないので、近所の公園へ行って試し張りしてみた。
左がミニタープHX、右がクロノスドーム2型。
どちらも付属品一式(ミニタープの方は別売のポール2本も)突っ込んだ大きさ。
d0119595_1605362.jpg

クロノスはバーティカル・クロス・システムという独自のポール交差方式を採用している外は、一般的な吊り下げ式ドームテント。
完成した姿。
d0119595_163876.jpg

入り口は前にしかない。開いたところ。
d0119595_1634095.jpg

前室は結構広く、雨天時にフライまで閉めた状態でも、インスタントラーメンくらいは作れそうである。
ガソリンストーブのプレヒートをやったら炎上するだろうけど。
d0119595_1654431.jpg

雨天時をイメージして、テントの真上にミニタープHXを張ってみた。
d0119595_1610721.jpg

実際には雨天時には、入り口から縦に張って大きな前室を作る、という手も良さそうだ。
タープを張ったのは初めてだったけど、先にペグを打って張り綱を引っかけ、綱のテンションとポールの傾きでバランスを取りながら片方ずつ立ち上げる、という方法で一人でも何とかなった。
2010年 06月 03日 |
先日、スーパーへ行ったら新にんにくが売られていたので(四国産だったかな)、醤油漬けにしようと思い、幾つか買ってきた。
まだ湿った感じのするその玉を(なにせ「新」だしね)洗濯ネットに入れて、ベランダの物干しで陰干しに。

さて、一週間ほど経った今日、ぼちぼち乾いたような気がしてきたので、皮を剥く。
うーん、もうちょっと干した方が良かったかな?
指で玉を割り開くと、中からややしっとりとした皮が顔を出すけれど、まあいいか。

薄皮まで綺麗に取り去って、保存ビンの中に投げ込む。
d0119595_13384418.jpg

醤油を注いで完了。
d0119595_1339714.jpg

まあ、調理手順としては確かにこれで完了なのだが、これが美味しくなるのは、にんにくの粒が茶色く染まる頃、今から何ヶ月か後の話。
料理と呼ぶのも憚られるほど単純ながら、気取らずに滋養満点で、実に気の利いた酒の肴である。

これを初めて作ったのは10年ほど前で、昆布とかみりんとか使ってちょっと甘口に仕立て、にんにくが減ってきたらまた新しいのを補充して、とつい昨日まで食べていた。
今回は、シンプルに醤油オンリーでやってみることにする。

この醤油も、炒め物とかチャーハン、その他スープやタレの味付けに使うとなかなか美味しいんだよね。
2010年 06月 02日 |
妙に暑かったり寒かったりする陽気が続いてますが、皆さん体調など崩してませんか?
体調は崩してないけれど、先週末のフットサルで右ふくらはぎを肉離れしたhybrid-jpがお送りします。

いやー、前後にダッシュ気味に動いてるときに「ピリッ」って針で刺されるみたいなカンジがあってね。
ああ、これはいつもの肉離れの前触れだな、ちょっと動きをセーブしないとヤバ目なの来るな、って思ってたんだけどさ。
そういうときに限って、ちょっとだけ無理目のダッシュすれば絶好機になるところにパス出たりするじゃん?

全治三週間だそうです。久々に松葉杖とか持たされたわ。

そんな訳で、部屋でおとなしくしてる間に、カレンダーは6月に。
近所のスーパーでも南高梅を売り始めたので、今年の梅干し用に4kg買ってきた。
一晩水に漬けてあくを抜き、乾いた布巾で水気を拭き取りつつ楊枝でヘタを取る、という手順はいつも通り。
でも、今年の梅はなかなかヘタが取れない物が多かったので、あまり大きいヘタ以外は手抜きしてしまった。
容器を熱湯と焼酎で消毒して、梅の実の総重量×0.18gの粗塩(18%ってことですね)を用意。
焼酎を吹いて湿らせた梅の実に塩をまぶし付けながら、容器に並べる。
d0119595_183791.jpg

梅の実全体に良く塩が回るように丁寧に、という教えもあるのだが、大抵やっているうちに面倒くさくなって、どうせ重石かけるんだし、徐々に塩が溶けてちゃんと漬かるさ、などと大雑把にやってしまうあたりは、我ながら全くなってない。
重石は梅と同じくらいの重さ、が良いらしい。
あまり軽いと梅酢の上がりが遅くなるかも知れないので、その辺は様子見ながら調整するが吉。
今回はたまたま、組み合わせるとちょうど4kgになる重石が有ったのでそれを使う。
d0119595_1843119.jpg

今までは我が家には、両親の外には大人しい犬が一匹しか居なかったのだが、今年からやんちゃ盛りの雄猫2匹が同居しているため、格好のイタズラ対象にされそうなこの梅漬けを、連中の手の届く台所に置いておくわけにはいかない。
なので、オレの部屋の片隅に置いておくことにする。
d0119595_18463623.jpg

ホコリ除けにビニールを掛けられた姿が、妙に哀愁漂って見えるのは気のせいか。

このまま数日待ち、梅酢が上がって実が完全に沈んだら、同じく18%の塩で揉んだ赤ジソを入れて色を付け、7月末あたりの晴れた日を狙って三日間土用干ししてやれば、自家製梅干しの完成。

梅干しを漬け始めて早7年。
さてさて、今年の出来はいかがなものか。
PageTop
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Flower Cake Skin by Sun&Moon