いつかどこかで考えたこと。
Top ;Log-in
2012年 07月 30日 |
よくチャリ散歩で走る緑のヘルシーロードは見沼代用水に沿って設けられた自転車歩行者専用道ではあるけれど、区間によっては狭かったり路面が未舗装だったりして自転車の通行に適さないところもある。
また、ある箇所は車道と用水路の間を申し訳程度に縁石で区切り、「ここがHRでございます」となってたりもする。
要は用水路の右岸か左岸、どちらかを車止め出来るところはそれをHRとし、それが出来無い区間は縁石で歩道的な物をこしらえてる、ということだと思うんだけど、散歩やランニングならともかく、サイクリングする時には厳密にHR指定されているルートを辿らずに、柔軟に走った方がスムースだったりする。

最近はこんなルートを走ってます。
コースは川口自然公園から柴山伏越まで

まず川口自然公園から七里総合公園までは基本的にずっと右岸。
R436の横断はタイミング悪いとクルマが途切れずに延々と待たされますが、ラージな心で待ちましょう。
渡るとHRは再び左岸になるけれど、見沼大橋付近は狭いし、前後に舗装の波打ち箇所が沢山あったりするので右岸オンリーで。

 ※8/2追記
  今日走ってみたら、見沼大橋付近のHRの修繕工事が行われているようです。
  工事が終われば、安心して走れるようになるかも知れません。

さぎ山記念公園のカーブの辺りは道幅が狭い上、路肩が崩落気味なので注意。
県道214号を渡ったら、用水路沿いのHRを行くもよし、下の田圃沿いを行くもよし。
今は田圃道へ下りる辺り、草が繁ってて視界悪いので注意。
工事区間をぐるりと回ると見沼弁財天の赤い建物が見えてくるが、この先のHRは舗装路の幅が極端に狭くなり、場所によっては自転車がすれ違うのにも苦労するような有様なのでここも田圃沿いを。
七里総合公園を過ぎ、中華ふじやを過ぎ、紫の建物のところ(オレはこう覚えてる)で初めて左岸に渡る。
野田線の線路に突き当たったら線路沿いに右へ進み、踏切を渡ってまた線路に沿って用水路に戻る。
あとはひたすら左岸、左岸。

芝浦工大を過ぎたら(帰りはロヂャースを過ぎたら、と覚えている)右岸に渡って、立体交差で一般道をくぐる。
あとは右でも左でも。
まあロヂャース目当てなのかクルマはそれなりに多いけど、左岸がラクかなぁ。
右岸(HR)は結構狭くて、小枝なんかの落下物も多いです。

東北本線の踏切を越え、見沼代用水東縁・西縁の分岐を過ぎたらまた右岸。もう伏越まで右岸。
てか、東北新幹線の高架が見えてくる辺りからは、ぶっちゃけ右も左も大して変わらない。

一般道の横断が多くあり、ノンストップでずーっと走る、という訳には行きませんが、自販機もそこかしこにあるし、田圃眺めながらのんびり風に吹かれてサイクリングするにはいいロケーションです。
2012年 07月 25日 |
きゅうりの実はホントに生長が早くて、採り頃にうっかり見落とすと、とんでもなくでっかくなる。
大きくなり過ぎても別に喰べられなくなるわけではないけれど、中の種が育ちすぎて食感が落ちる。

さて、じゃあどのくらいの勢いで大きくなるのか。
一週間かけて、生長記録を撮ってみた。
スマホと大きさを比較してみてください。

7/19(木)
d0119595_12162340.jpg

7/20(金)
d0119595_1291370.jpg

7/21(土)
d0119595_1292974.jpg

7/22(日)
写真撮り忘れました。
7/23(月)
d0119595_1295486.jpg

7/24(火)
いつもはこのくらいで収穫してます。
d0119595_1210971.jpg

7/25(水)
d0119595_12102288.jpg

さすがにこれ以上大きくなっちゃうと使いどころに困るので収穫。

ね、なかなか勢いあるでしょ。
まだ小さいからあとで、なんて言って忘れてたり、ちょっと忙しくて畑見に行けてないな、なんてなると大変。

しかし今年はきゅうり、トマトは豊作。
特に変わったことはしてないんだけどなー。
そういう年なのかしらん。
2012年 07月 24日 |
今乗っているロードバイク、Focus Variado(たまにはチャリじゃなくちゃんと呼んでみよう)には、shimanoのSPD-SLペダルが付けてある。
d0119595_10222129.jpg

このペダルに対応した固定パーツをシューズに取り付けることで、ペダルとシューズがパチンとロックされ、踏み込む時だけでなく、足を引き上げる時にもペダルに力を伝えることが出来る。
外す時はペダルとの結合部分(足裏の一番広い辺り)を中心にして、かかとを外側にひねって外す。
まあ、最初のうちはペダルと足がくっついてるのは何となく怖い、とか信号で完全に停止したら足を外すのを忘れてて思いっきり立ちゴケ、とか色々あるわけですが、慣れてくると登りにしろ平坦での加速にしろ、引き足が使えるってのは実にいい。

さて、そのシューズに付ける結合パーツをクリートという。
こいつがいい加減くたびれてきたので交換することにした。

これがシューズ。
力の伝達を重視して底が固い樹脂で作られている上、クリートが出っ張るので正直バイクを降りてからの歩行には向いてない。
まあそれでも、ラーメン屋行ったり近所のイオン行ったりして、店内をカチャカチャカツカツ言わせて歩いてますが。
d0119595_10153144.jpg

そんな使い方してるせいか、もうボロボロである。
d0119595_10323330.jpg

これが交換用のクリート。
金属の台座プレートを噛ませた上からネジで固定する。
d0119595_1034214.jpg

個々人の足に合わせて、取り付け位置の微調整をするらしいけどオレは大雑把なので適当に。
一応、親指と小指の付け根位置をシューズにマーキングして、それを目安にはしてますが。

完成。
d0119595_10363825.jpg


今までは、走ってる最中にもどうかすると外れてたくらいの朽ち果てっぷりだったので、新しくしたおかげで外したつもりが外れてなくて立ちゴケ、とかしないように気を付けよう。

ついでに、ハンドルの高さを元通りにしておこう。
カッコ付けて下げたら、めちゃめちゃ腰と背中、首に来るわ。
2012年 07月 18日 |
あちー。
列島のあちこちで連日35℃超えとかなってますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
にんにくとソラマメの世話をしていた4月頃は、太陽が昇って暖かくなる10時頃に畑出てたのが、今では朝飯喰い終わってすぐ、6時頃になっております。
日除けの麦わら帽子被って、夏野菜の収穫。
大根やほうれん草、ネギといった冬野菜は引っこ抜いて採ったらお終い、なものが多いけど、夏野菜は枝からぶら下がって生るものが多くて、連日収穫が出来るのが面白いね。
d0119595_810665.jpg

これはきゅうり。
苗を5本植えて、何本か支柱を組んで棚にしてある。
きゅうりはつるをこれに絡ませて、上へ上へと伸びてくるわけ。
しかし、葉っぱが生い茂ってて、外から見るだけでは何がどうなってんだかさっぱりだ。
d0119595_8122798.jpg

葉をかき分けて棚に頭を突っ込むと、大小様々な実が生ってるのが見える。
手頃に育ったやつをハサミでパチン、まだちょっと小さいやつも、翌朝には育ち過ぎちゃってヘチマみたいになるのでパチン。
棚の中も葉っぱがわんさかあるので、色々な角度から見ないと、手頃なのを見落とす。
そうすると、翌日や翌々日、「なんだこりゃ」というような巨大なきゅうりとご対面することに。

採れる時は10本近くになるので、毎日何本かはぬか漬けに、あとはもろきゅうにしたり丸かじりしたり。
宮崎辺りで冷や汁(ひやしゅる)という、焼き魚の身をほぐして味噌とすり合わせ、すりごまと青じそ、みょうがなんかを入れる冷たい味噌汁があるけど、あれの魚抜き、大量のきゅうりのスライスを入れたバージョンを群馬出身の母が作る。
うちではこれを冷やし汁(ひやしじる)と呼んで、宮崎では熱い麦飯にぶっかけるところを、そうめんのつゆとして使ったりする。
もちろん、そのまま具沢山の冷たい味噌汁として喰べても最高に美味しい。

通路の脇、ここは玉ねぎを植えていた場所なんだけど、玉ねぎの苗の中に、ふた株だけスイカを植えておいた。
6月に玉ねぎを収穫した後のスペースに、ここぞとばかり目一杯茎を伸ばしております。
d0119595_828161.jpg

スイカの花と、つきはじめた小さな実。
d0119595_8301662.jpg

d0119595_8301740.jpg


ピーマンの花と、これも出来始めの小さな実。
d0119595_831971.jpg

d0119595_831667.jpg


パイナップルミントの花。
d0119595_8333252.jpg

2012年 07月 16日 |
久しぶりにシンゴさんとチャリでお出かけ。
今日は見沼代用水東縁・緑のヘルシーロード(GHR)を北上するルート。
9時半頃に川口自然公園で合流し、さてレッツゴー。

蓮田市に入ってしばらく進み、東北新幹線の高架を過ぎた辺りにある、喫茶店が今日の目的地である。
去年の秋、初めてこのGHRを走って柴山サイホンまで行った時、この店を見つけてそれ以来気になっていた。

だってさ、用水路沿いに広がる農地と民家の中、突然こんな看板が現れるわけ。
d0119595_18344565.jpg

そんで、建物はそれこそ古くて大きな民家なんだ。
d0119595_18345213.jpg

えー? どんな店なんだろう? って思うじゃん。
で、せっかくだから誰かと一緒に入ってみようと思ってたんだよね。

クチコミサイトなど調べると、日曜日といくつかの水曜日がお休みらしいので、もしかしたら祝日の今日はやってないかな? と思ったら、看板が出てました。
玄関(!)の網戸をカラカラと引き、奥に見えた年配のご主人に「やってます?」と訊いたらどうぞ、とのこと。
自転車を停め、玄関で靴を脱ぎ(!)、案内されたテーブルに着く。
店内はこんな感じ。
スマートフォンのカメラなので写りが今ひとつなのはご容赦を。
d0119595_18381652.jpg

網戸から流れこむ風が本当に心地よい。
前述のクチコミサイトに、ドリンクとケーキのセット(800円)を頼むと面白い、とあったのでシンゴさんにはそれを勧め、自分はホットの自家焙煎コーヒー(600円)を。

出てきました。
d0119595_18442561.jpg

手前がオレのコーヒー、お盆の上にあるアイスティーとりんごのタルトがシンゴさんの注文品、それ以外のお盆の小鉢はセットのサービス品だそうです。
イカとキュウリをすりごま入りのドレッシングで和えた物、茹で卵、バナナにメロン、大根のべったら漬。
すみません、生ビール一杯、そのあと日本酒冷やでお願いします
うーん、確かにこれは面白い。
そして、どれも美味しいのであった。

そうそう、「間違えて作っちゃったからこれサービスね」と出してくれたアイスコーヒー。
d0119595_18481341.jpg

間違えたんじゃなくて、暑い中大汗かいてここを訪れたオレに対する、ご主人の優しさだと思います、絶対。

テーブルの上の物をのんびりと片付け、ゆっくり休息したところで帰途へ。
途中、七里総合公園でトイレ&日陰休憩。
d0119595_18504772.jpg

自転車の停め方に、オレ(白)とシンゴさん(赤)の性格が表れてるな。

13時半ごろ東川口まで戻ってきて、とりあえず昼にしますか、とくるまやラーメンに。
メニューに載ってる写真があまりにも美味そうだったので、キリンフリーを注文。
d0119595_18544100.jpg

よく冷えてたので美味かった。
まあ、ビール飲めない時はこういうのもいいかなー。

飯を喰い、シンゴさんを芝川CR起点まで送って帰宅。
UVカットを謳う長袖Tシャツ着てたのに、結構腕がひりひりするなあ。
今見たら最大90%カット、ということらしいので、10%の紫外線が意地を見せた、大健闘した、ということかも知れない。
素直に賞賛したい。してどうする。

走行距離は70km弱。
シンゴさん、お疲れ様でした。
2012年 07月 15日 |
2日ほど続けて水たまり走ったりしたので、ちょっとキレイにしてやることに。
よっこらせ、と持ち上げて2Fの自室まで階段をとんとん。
ロードバイクは軽いからこういうのが苦にならなくて有難いな。

古新聞を広げて、スタンドに引っ掛けてチャリを立たせ、まずは雑巾で水拭き。
おー、フレームの裏側とか、結構汚れてるなー。
こりゃホイール外した方が早いわ。

さてあらかた汚れを拭き終わり、ホイールを組み付けようと思ったら、前輪はサクッと入ったのに後輪が入らない。
なんだ? チェーンがちゃんと前後スプロケットに噛み合って無いとかか?
よく見たら、いつの間にかブレーキキャリパーの間隔が狭くなってて、タイヤが通らなくなってる。
なるほどね、こりゃ入らないわ…っておい、オレどっかブレーキ関係触ったっけ?
覚えはないが事実ホイールは入らない、ブレーキをリリースしたり閉じてみたり、その他あーだこーだ試行錯誤するもどうにもならないので、最終的にワイヤーそのものを緩めて解決。
おかげで、ブレーキ回りの構造に詳しくなった。

ついでに興味本位でハンドル回りも分解したり。
へー、スペーサーってここに入ってるのかー、今まで知らなかったよ。
そして、再取り付けは手順良くやらないとガタガタすることも覚えた。

チェーンを清掃して油を注し、とりあえず近場で乗りまわして状態確認。
うん、とくに異状は今のところ無し。
あ、ワイヤーのエンドキャップ買ってこないとな。
2012年 07月 12日 |
今日の埼玉南東部は、朝から強い風が吹いている。
雨は時折、風にあおられたようにバラバラ落ちてくるだけだけど、今日もチャリ散歩はお休みにしよう。

そんな訳で、午後はジムに行くことにする。
新田駅前のバス通り沿い、大きな室内プールの脇の階段をてくてく登る。
ここ草加スイミングスクールの3Fに、同じシンコースポーツ(株)が運営するスポーツクラブ、スポーツPAL45がある。
初めてこの階段を登って入会手続きをしたのが、もう3年前かー。
結構、素人にスポーツクラブって敷居高いじゃん? え? 高くない?
オレ的には割と高かったんだよね。
なんか、健康と筋肉にしか興味無さそうなマッチョ達が、体育会ノリでポジティブな会話してそうなイメージっつーか。
体力と筋肉無いヤツは帰れ的な。
どんな偏見だよそれ。

しかしだよ、その時には「体重落としたい」という切実な思いが有ったんだな。
恥ずかしながら白状すれば、身長166cmに対して体重が、なんと最大で96kgあったこともある。
そりゃ朝からPCにへばりついて一日中ネトゲして三食喰ってりゃそうなる(当時はそういう生活だった)わけで、そんなカラダになってくると、ただ座ってるだけで腹がきつくて食事も楽しくないし、こりゃいかん、と食事を一日一食にして無茶な減量をした挙句、半年で元に戻ってみたり、と様々な挫折を繰り返していた時期でもある。
有酸素運動が必要なことも判ってはいたけれど、実際に出来るのはせいぜい7〜8kmの散歩くらいで、色々試行錯誤した結果、こりゃもうそういう施設にアクティブに通い、スタッフの方々に適宜専門的なアドバイスをもらう以外無いんじゃないか、という気になっていた。

意を決してクラブの扉を押し開き、すみません、入会したいのですがと言うと、カウンターの中で振り向いたのがスキンヘッドに近い坊主頭でえらく肩幅の広いマッチョな男性スタッフ、眼鏡が似合うイイ笑顔。

すみません、間違えましたと回れ右しそうになった

まあ、実際入ってみたら当初抱いていたようなイメージは全くの偏見であったし、平日の昼間なんか近所の年配の方々が世間話をしながら思い思いにカラダを動かしてらっしゃる、そんな和やかな空間だった。
その男性スタッフ(実はスタッフの中でもエライ立場の方だった)の方も見た目のいかつさと裏腹に実にポップで楽しい人柄で、今では顔を見る度についつい話が弾んでしまう。
忙しい方なのにすみません、Nさん。

体重の方は初めの半年で10kg落ちたけど、そのあとは増えたり減ったり。
ジム通いも間が開き始めると何かと理由を付けて行かなくなってしまうので、出来るだけ行くようにはしているのだけど、やっぱり気が乗らない時もある。
最近はロードバイクを買ったので、そんな時はチャリ散歩をメインにしてみると、割と気分が変わっていいね。

で、現在は体重82kg。
最大時から-14kgか、ずいぶん痩せたなオレ、よく頑張った!
いやいやいや、身長から言ったら60kgだっていいくらいなんだから、なんか達成した気になってんじゃねえオレよ。
60kgは大げさにしても、70kg前半くらいにはしたいですな。
まあ、無理せずやっていきましょう。

さて、まずはマットの上でストレッチ。
いてててて。
d0119595_19272752.jpg

次に、この有酸素マシンコーナーでバイクを10分ほど漕いでウォーミングアップをする。
d0119595_19275367.jpg

カラダが暖まったら、ウェイトマシンコーナーで設定重量を規定回数こなす。
d0119595_19291277.jpg

この重さと回数は、一番最初にインストラクターが個々人の体力と運動目的に応じて、適度な負荷を見定めてくれる。
慣れてきたら重さを増やすか、回数を増やすか、などまたインストラクターと相談しながら決めていく。

有酸素コーナーに戻って、トレッドミルでウォーキング。
ホントは軽くでもランした方がいいんだろうけど、調子に乗って走るとふくらはぎ肉離れしたりするので、もうちょっと体重落としてからにしよう。
そうそう、このコーナーのマシンには、それぞれTVが付いているので色々観ながらワークアウト出来る。
なのでおすもうを観よう。
d0119595_19491684.jpg

今日は時速6.0km/hでウォーキングを1時間、その後クロストレーナーを10分。
ホントは20分やるつもりだったんだけど、相撲が終わっちゃったんだよね。なんだその理由は。
終わったらまたストレッチ、そしてシャワー浴びてサッパリして帰る。

さて、一息ついたら冷たいビール、そして酒だな!
これをなんとかすれば、もっと効率的に減量できるんだろうけど。
でも揚げ物や脂っこい料理ではなく、鶏のささみや豆腐、豆類など淡白な肴が嗜好に合うようになってきたし、いいよね!(言い訳)
2012年 07月 10日 |
梅雨の合間の晴れが続くので、ちょいちょいチャリに乗っている。
しかしこの頃の陽射しはすっかり夏のそれで、腕や足がすっかり真っ黒になった。
d0119595_1424347.jpg

もう、走ってると肌にジリジリくるのが判るもんね。

ジロやツール観てると、選手はみんな半袖ジャージと短いレーサーパンツから真っ黒に日焼けした手足を曝して走ってるけど、焼けすぎて痛くなったりしないのかね。

9時過ぎに出発、照りつける陽射しに長袖着てくりゃ良かったなー、とか思いながら緑のヘルシーロードを北上。
さて、今日はどこまで行きますかねぇ。
片道15kmコースの折り返し地点、七里総合公園を過ぎて東武野田線を渡る。
そうそう、この辺りで見かける、用水路のフェンスに掲げられた注意看板。
d0119595_1441433.jpg

ホントにこええよ。

芝浦工大を過ぎて東北本線の踏切を越え、蓮田市に入った辺り、見沼代用水が東縁と西縁に分岐するポイントに到着。
ここまで来ると片道20kmかー。
小腹が空いてきたので一本満足と塩羊羹をもぐもぐ、さて帰ろう。

走行距離が2,500kmを超えた。
長い距離走らなくても、ちょこちょこ乗ると結構貯まるもんだなあ。
d0119595_1593425.jpg

2012年 07月 08日 |
さて、自分で育てているトマトの木から、赤くなった実をひとつもいできた。
さっそく酒の肴に。
d0119595_7371416.jpg

もぎたてのトマトやきゅうりを塩も付けずに丸かじりすると、そのものが持つ甘さや酸っぱさがいきいきと広がって、しみじみとうまい。

昔はこんなもの、何の魅力も感じなかったんだけどなぁ。
豆腐といい鶏のささみといい、こういう枯淡なものの味わいが最近実によく判る。

何も高い次元の食通になったとかそういうんじゃなくて、ただ単にオッサンになったということだ。
2012年 07月 06日 |
畑のトマト、せっかく付いた実を突っついて穴を開け、台無しにしてくれる輩がいる。
おそらく辺りを徘徊しているカラスだろう。

よし、手をこまねいていても事態は好転せん、対策を講じねば!

ということで、目の細かいネットで囲ってみた。
d0119595_11195678.jpg

カラスめ、かかってこい!
いや来なくていいです、すみません。
来るにしても、お手柔らかにお願いします。

オレがひと株だけ植えたヤツは、まだまだ背が低いまま。
d0119595_11214098.jpg

えー、いくら根を切って、肥料もやらずに育ててるからって小さすぎない?
うむ、実は脇芽を積んでいる時に、誤って本芽を摘んでしまったのだ。
幸い、そばから脇芽が出てくれたので、そいつを代替として育てている。
植えてすぐに2つだけ咲いた花に実が生り、それがようやく色づき始めている。

真っ赤に熟したやつを冷蔵庫で冷やしといて、ビール飲みながら丸かじりするの大好き。
PageTop
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Flower Cake Skin by Sun&Moon