いつかどこかで考えたこと。
Top ;Log-in
2012年 12月 29日 |
年も押し詰まり、いよいよ年越しですな。
皆さんいかがお過ごしでしょうか。

しっかし今年は寒いねー、あちこちで雪降ってるし。
体調崩したりしないように気をつけましょう。

さて、こう寒いとやっぱあったかい肴で呑みたいよね。
ということで、ナガラ食品のホルモン鍋を買ってきた。
Webで検索してもメーカのサイトは出てこない、そんで売ってるのはローソンだけ(かどうかは知らないけど、オレはローソン以外で見かけたこと無い)という軽い謎を持つ食品である。
d0119595_15473454.jpg

冷凍食品コーナーでコッチコチに凍ってるこやつのフィルムを取り去り、弱火に掛ける。
d0119595_15484932.jpg

そのうちにジリジリいってアルミ鍋に汁気が溜まってくるので、ちょっと火を強めて全体がふつふつ煮えるまでしばし。
d0119595_15493074.jpg

若干固まってて溶けにくい所とかを箸で突っついていじくりまわす、というか励ます、というかそんな感じで過ごしているうちに、ハイ出来上がり。

アッツアツのホルモンをひと切れつまんでポイっと口に放り込んでみると、ピリッとした辛味はかなりのもの。
アフアフと噛んでみると、柔らかく煮えているのに意外なほどしっかりした歯ごたえのホルモン。
グイと飲み込んで酒をクイッ、今度は合いの手に長ネギを摘めばとろりとした舌触り、汁にたっぷりと振られた薬味のゴマのプチプチした歯ざわりと風味がこれまたドンピシャ。

この日は酒でやり始めたんだけど、途中で切れたので友人茶里(ちゃーりー)さんから頂いた静岡県は三島名物の焼酎で続きを。

焼酎の感想もここに書いとこ。

人参焼酎 きゃろっ娘(きゃろっこ)
強いが滑らか、人参は感じないけどしっかりした太いボディを持つ

三島甘藷焼酎 ちっとらっつ
全く引っかかるところのない飲みくち
富士山からの雪解け水という、水の素性の良さが最大限に生かされている

とか酔った頭でそれらしい気取ったことがメモってありました、携帯に。

味が濃いからご飯のおかずにもいいよね、このホルモン鍋。
2012年 12月 18日 |
たくあん、って聞いてKanonを想い出すのも如何なものか。
や、自分のハナシですけどね。

それはさておき、近所の方から、たくあんにすると美味しいという大根を沢山頂いたので、たくあん作りに初挑戦。

まず、大根を干す。
葉っぱを縛り合わせたり、紐で縛ってすだれのようにぶら下げたりと、やり方は色々あるようだけど、今回はベランダに転がして日に当てた。
d0119595_1326882.jpg

夜は凍らないように部屋に取り込んで、翌朝にまた干す、というのを一週間ほど。
ピンと張って瑞々しく、滑らかな表面が健康的なお色気すら漂わせていた大根も(まさに若い子の足を大根足というのは上手い表現だ)、日に日にしんなり、クタクタになってくる。

両はじを持って曲げるとUの字が作れるくらいになってきたので、容器に漬け込むことに。
葉っぱを切り落としながら数えたら、大根は22本あった。
試しに1本重さを計ったら葉っぱ付きで700gほど。

塩分は4%くらいが美味しいらしいので、粗塩とザラメを600gちょい。
色付け用に柿の皮を剥いて干したもの、味出し用に市販の煮干の粉を1袋。
これらを全部生ぬか2kgに混ぜ込んで、準備完了。
d0119595_13352146.jpg

ニオイ対策と虫除けに、容器の中にビニール袋を仕込んで漬け込むことにした。
大根を一列に並べて、生ぬかを撒いてまた大根を並べるのを繰り返す。
d0119595_13353127.jpg

d0119595_13412334.jpg

最後に葉っぱでフタをするように拡げて、ぬかを撒いて終了。
d0119595_13444897.jpg


重石は30kgくらいにしてみた。
d0119595_13445858.jpg

奥の大きい容器がたくあん、手前の小さいのは畑で採れた白菜を塩漬けにしてるところ。

上手く出来るといいなー。
2012年 12月 14日 |
久しぶりに畑を見回ってきた。
ソラマメも順調に生長中。
d0119595_14562996.jpg

○で囲んだところがメインの枝(主枝という)の一番先っぽ、伸びていく部分なんだけど、ソラマメの主枝は大きく育てても余り花芽が付かず、実が生らないとあちこちで聞く。
なので、これを摘んで(摘芯という)これ以上伸びなくしてしまい、代わりに脇から出てくる側枝を育てて行け、という。
去年は冬を越して、春になってから摘芯したんだけど、今年は今摘んでみる。
いや、特に理由は無いんだけどさ。
本葉が4〜5枚出たら摘め、っていうんだけど、もうその位には育ってるから大丈夫でしょう、きっと。

指先でプチプチと摘んでいたら、ひとつだけだけどアブラムシが沢山付いている株があったので、念の為全部にマラソン乳剤を散布しといた。
アブラムシって、生まれたての柔らかい葉っぱが好きなんだよなー。

タマネギには追肥をしておいた。
昔リネージュⅡを遊んでいた時、クランメンバーにいたタマネギ農家の人お薦めの過燐酸石灰をパラパラ。

夏野菜の季節にに比べると、この時期の畑の育ち具合というか時間の進み方はえらくゆっくりに感じるな。
2012年 12月 13日 |
更新。

今回は東武伊勢崎線・新田駅前の商店街にある「珍来」。


からまわりオーバードライヴ

ラーメンMEMO
2012年 12月 12日 |
気づいたら12月ですよ。
久々にチャリ散歩に出かけたら、ひと月前とはもう空気が違う。
冬物のグローブしてても、指先が冷えること冷えること。
フリースの上にウィンドブレーカを着てる上半身はまだしも、下半身はレッグウォーマーのカバー範囲外のレーパン部分から刺すような冷気が容赦無く攻め込んでくる。
あひゃ、こりゃタイヘンだ。

強い北風の中、いつもの往復30kmコースをくるくる。
暑い夏、木々の間からの陽光をギラギラと反射してた地面も、今はすっかり落葉と枯葉に覆われて冬模様。

コメの収穫の終わった見沼田んぼには、わらで作られた小屋のような物が。
なんか、わらを無駄にせず利用仕切るための、昔ながらのわら塚らしい。
d0119595_12325924.jpg

ボランティアの皆さんで復元したそうです。

加田屋橋の工事が進んで、田んぼ沿いの道を突っ切れなくなってたのでヘルシーロードに戻って横断。

折り返しの七里総合公園で一休み。
お、ロードバイクが一台停まってる。
d0119595_12331679.jpg

おはようございますー。
奥の青いTREKのご年配(とはいえ若々しくていらっしゃる)のサイクリストさんにお話を伺うと、ここでお仲間と待ち合わせだそうな。
これからみんなで上尾の辺りまで走って、「まんぼう」という中華料理屋さんでお昼でも食べようかと思ってます、とのこと。
程無く3人のお仲間が到着。
おじゃましましたー、気を付けていってらっしゃーい。

今調べたら、このお店例の柴山伏越サイホンの近くなのね。
こんど行ってみよっかな。

往路の北風が強いほど、復路は追い風で楽にすいすい。
こないだチェーン周りを掃除して油挿し直したからか、軽い踏み心地で気分がいい。
帰り着く頃には結構汗かいた。

やっぱチャリは気持ちいいね。
PageTop
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Flower Cake Skin by Sun&Moon