いつかどこかで考えたこと。
Top ;Log-in
2013年 03月 21日 |
先週の話だけれど、3/14にじゃがいも、男爵を5kg植えた。
種芋は、例年畑の地主さんに農協から取り寄せてもらっているもの。
予定地に石灰を散布して中和したり、元肥や堆肥を施したりという事前準備はとっくに済ませてあったので、ちょうど暖かくなってきて、しかも明日辺り雨が降る、なんていう予報を聞いたこの日、これ幸いとばかりに作業を開始。

とはいえオレはこの日、朝から家族の用件であちこち回ってからの出動だったので、先に作業をしていた母がじゃがいも植え付け作業は全部終わらせてしまっていた。
なので画像は有りません。

ハナシは変わるけど、野菜の収穫が終わったら、オレはまず石灰を撒いて土を耕し、2週間くらいしてから乾燥牛ふんや堆肥、化成肥料などを撒いて改めて耕す(まだ土がふかふかしているようなら表面近くだけかき混ぜる)ようにしている。
石灰を撒くのは酸化した土にアルカリを与えて中性にするため。
っていうんだけど、実際のところはそれが必要なほど酸化してるのかどうか判らない。
なので何となく、新たに作物を植える前には撒いている、というところ。
本当はph測定器できちんと測ればいいんだろうけど。

で、石灰と一緒に堆肥類を撒くと石灰の効果が無くなるらしいので、2週間ほど開けて(この間に石灰が仕事をしてくれる)、その後に牛ふんや堆肥などを施すようにしている。
堆肥の類を入れてから、ひと月くらい寝かせてやって土と馴染ませ、やっと次の作物を植える準備が完了。
なので、植え付けの一ヶ月半くらい前には土づくりを始めなくちゃならない。
もちろんこれだけのスパンを掛けられないこともままある(特に母は土を遊ばせておくことを勿体無がるのでしょっちゅう言い合いになる(笑))けれど、理想はこんな感じなのだ。

さて、5月に植えるトマトやなす、きゅうりの場所を今から準備。
大根を全部収穫したので、まずは石灰を撒いてざくざく。
そうそう、石灰も苦土石灰というヤツだと、堆肥と一緒に施しても大丈夫らしいんだけど、いやー安いからって20kg入りを買った消石灰がまだ残ってるんでね。
d0119595_17361625.jpg

色の濃いところが耕した場所。これだけで30分くらい掛かった。
野菜が植わってた場所は柔らかいんだけど、通路になって踏みしめられてたところがすっげー固いんだよね。
剣先スコップに片足掛けて、ガシガシと掘り起こす。
うおォン、オレはまるで人間パワーショベルだ。

ソラマメの花、いくつも咲き始めた。
d0119595_17443786.jpg

d0119595_1745514.jpg

今年もあまり大きくはなってないけど、たくさん生るといいなあ。
2013年 03月 15日 |
アホみたいな強風が吹き荒れたり、黄砂が舞って空がとんでもない色になってみたり。
気温も徐々に暖かくなってきて、どうやらやっとこさ春が来たみたい。
今年は花粉も多いみたいで、周りの花粉症erたちは大変そうです。
オレは今のところ発症の気配は全然無いんだけど、何か今年はちょっとやられたっぽいような感じもします。

d0119595_12194742.jpg

d0119595_12195665.jpg

にんにくもタマネギも、だんだん太くたくましくなってきた。

母が種から育てた苗を植えた絹さや、全然大きくならなくて母曰く「こりゃダメかもね」なんて言ってたのが、なんとか元気になってきたので網を張った。
d0119595_12202944.jpg

この網につるを絡ませて、上へ上へと伸びてくるのです。

ソラマメもまだ背は低いけど、もう花を付け始めた。
d0119595_1222255.jpg

d0119595_12221433.jpg

去年は霜で半分くらい枯れちゃったけど、今年は不織布で霜よけしたので、蒔いた分ちゃんと育ってる。
芽を出した頃からビスダイセン溶剤で赤色斑点病対策してるけれど、効果の程はもう少し経ってみないと判らないな。

収穫の時期をとうに過ぎてるダイコンが、まだ20本くらい残ってる。
地上に出てる部分はだいぶお疲れ気味だけど、
d0119595_1227126.jpg

土に埋まってる部分はしっかり瑞々しいのだ。
d0119595_12275384.jpg

この日の昼は天ぷらだったので、大根おろしにして天つゆにたっぷり入れて食べました。
うまかったー。

畑のあちこちでネットを被ってるコイツらはなんだ?
d0119595_12281357.jpg

d0119595_12281751.jpg

答えはブロッコリー。
ネット掛けないと、鳥に葉っぱを食べられて丸坊主になっちゃうんだよね。
d0119595_1228224.jpg

普通のブロッコリーの他に、こういう小さな蕾(食べるところ)がいくつも出来る茎ブロッコリーも育ててる。
これはその茎ブロッコリー、スティックセニョールという品種だったかな。
オレは塩茹でしたやつをマヨネーズも何も付けず、そのまま食べるのが好き。
d0119595_12283720.jpg


ほうれん草は元気だけど、
d0119595_123294.jpg

パイナップルミントやチャイブは、冬枯れた葉の中から、やっと新しい葉を出し始めたところ。
d0119595_12315740.jpg

d0119595_12314759.jpg

季節は動いてます。
2013年 03月 12日 |
ソメイヨシノよりも一足先に、また今年も咲きました。
地元を流れる伝右川(でんうがわ)沿いの安行桜。
d0119595_1525664.jpg

河津桜と同じ品種だと聞いたことがあるけど、ホントかどうか。

今年のソメイヨシノの開花予想は、東京あたりだと3月末らしい。
結構厳しい冬だったけど、少しずつ暖かくなってきた。
そろそろ畑にはじゃがいもを植えなくちゃ。

そうそう、桜の写真撮る間、自転車を停めるのに適当な場所が無かったのでこんな有様でした。
d0119595_15271396.jpg

雰囲気台無しですよオレよ。
PageTop
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Flower Cake Skin by Sun&Moon