いつかどこかで考えたこと。
Top ;Log-in
<   2013年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧
|
2013年 06月 20日 |
近所のスーパーに赤じそが出まわり始めた。
「今年は干ばつの影響で高値&早く無くなるかも知れません」との但し書き付き。
へー。とりあえず2袋買ってきた。

枝から葉っぱだけを丁寧に(気持ちの上では)取る。
重さを量ったら、全部で400gほど。
ちょっと砂っぽかったので、ざざっと水洗いした。
d0119595_1754060.jpg


さて、重さの18%の粗塩を振って、ギュッギュッと揉んでアク出し。
揉んでるうちに暗紫色の汁が出てくるので、しっかり絞る。
d0119595_17562084.jpg

赤じそ、とは言うものの、汁はぶどう色だねぇ。

今日は赤じそを洗ったから、きっと塩分も薄くなってるだろう。
仕上げにちょっと塩を足しておこうっと。

さて、最初は梅酢の上がりが遅く、ちらほらカビも出ていた梅だが、ここまではなんとか無事にこれた。
この時点では梅酢は透明。若干黄色味を帯びてるカンジかな。
d0119595_17575569.jpg


ここに、絞った赤じそを投入。
程なくして梅酢は鮮やかな真紅に。
d0119595_17595461.jpg


梅の上を赤じそで覆い、全体が梅酢に沈むよう、軽い重石(いつも1kgのを使う)を乗せて終了。
あとは土用干しまで置いておく。

さーて、美味しく出来ますように。
2013年 06月 10日 |
hybrid-jp農園(今名前付けた)の夏野菜たち。
定番のきゅうり、トマト、ナスはおのおの5本ずつ植えてみた。
d0119595_7282160.jpg

反対側から見るとこんな感じ。
d0119595_7292079.jpg

トマトとなすは倒れないように一本添え木を立ててあるだけだけど、きゅうりは蔓を延ばして生長するので、絡みやすいように棒で棚というかやぐらを組んである。

トマトには小さな実が幾つか生り始めた。
d0119595_7305170.jpg

なすの花って、同じナス科だからかじゃがいもの花と似てるなあ。
d0119595_7313469.jpg

今年、初めて植えてみたズッキーニ。
d0119595_7314658.jpg

ピーマンの花。
d0119595_7322464.jpg

あれ? ピーマンだよな、これ。
それとも唐辛子だっけ?
どれも唐辛子の仲間だけあって葉っぱがよく似てるから、植える時期にしっかり「こっちはピーマン、こっちは唐辛子、これはししとう」などと覚えておかないと、さあ実が生るまではさっぱり判らん、ということになる。。

ひと通り手と目を掛けて、今年のきゅうりを初収穫。
d0119595_737136.jpg

もろきゅうにして酒の肴にしよう。
2013年 06月 04日 |
今日は久しぶりに芝川サイクリングロードを走ることにした。
まあ暑かったし、そういや今年まだレストランさくらのアイスを食べてないな、と思ってさ。

埼玉高速鉄道・戸塚安行駅の辺りの緩やかな丘を、えっちらおっちらとダンシングを織りまぜつつ登り、いくつかのアップダウンを越えて芝川CRへ。
うーむ、この時期はいつもの事だけど、草がぼうぼうで実に走りにくい。
人とすれ違うのにも一苦労ですよ。
d0119595_1557518.jpg

早いとこ刈ってくれないかしらん。

最初、左岸で始まったCRは、途中で右岸に変わる。
こっちもまだまだ草伸び放題。
d0119595_1558433.jpg

などと進んでいくと、芝川に新たに橋を掛ける工事だかをやっていて、CRが途切れている。
左岸に渡って迂回したら、思いっきり道に迷った。
むー、こっちで良さそうなもんだけどなぁ、とかウロウロしてたら青木水門のはるか先、もうR122を越える辺りでやっとCRに復帰、再び南下を開始。

しかし、照りつけてくる太陽の陽射しは強烈のひと言、南からの向かい風もかなり強い。
毎年3月に行われている、パリ〜ニースというサイクルロードレースがある。
パリをスタートして数日掛けてフランスを南下、地中海に臨むニースにゴールするこのレースは別名「太陽に向かうレース」と言われているが、今日のこの「東川口〜鹿浜橋」は「風に向かうレース」だな、ウン。

とかどうでもいいことを考えつつペダルをくるくる。

さくらに到着。
d0119595_16124711.jpg

お、ホントにバイクスタンドが設置されてる! こりゃ嬉しいね。
d0119595_1613359.jpg

さて、アイスですよアイス。
ここに来たらアイス食べなくちゃ!
今日はラムレーズン350円にしよっと。
d0119595_16132440.jpg

ひんやり冷たくて滑らかな舌触りのクリーム、底に忍ばされたコーンフレークのパリサク感、そして最後にクリームの濃厚な後味をキリリと拭い去りつつ、冷え過ぎた舌を元に戻してくれるコーンカップの有り難さ。

さーて、帰るか。
と準備をしてたら、同じFocusのバイクに乗った年配の男性がやってきて、「おお、お仲間ですねー、中々Focus乗ってらっしゃる方って見かけないんですよね」と言う。
確かに余り見かけないんだよなー。
今までに4人くらいしか擦れ違ったこと無いよ。
「そうなんですよねー。私はこのバイクが初めてのロードなんですが、右も左も判らなかったので自転車屋さんに薦められるままにこれにしました、でも気に入ってますよ!」と言ったら笑っていた。
ちなみに、この男性のバイクはCayoでした。

さあ、帰りは追い風だから楽ちんだー。
とCRを北上、道路を横断しようとクルマが途切れるのを待ちつつ、反対側で待ってるロードに目をやったら、これまたFocusだった。
一日に二人も見たの初めてだよ!

こりゃあ、Focusじわじわと来てる? もしかして。
2013年 06月 03日 |
スーパーに南高梅が並びはじめた。
去年は高かったけど、今年は例年並みのキロあたり980円前後。
とりあえず5kg買い込む。
もう充分熟していそうなんだけど、紙袋に移して部屋に2日ほど置き、追熟させてみる。

いつもは買ってきた梅を一晩水に漬けてアク抜きするんだけど、今年は水に漬ける代わりに追熟させて、そのまま漬けてみることにしたんだよね。

さて、幾つかの実にうっすら残っていた青みもすっかり黄色くなったところで、作業開始。
まずは爪楊枝で丁寧にヘタを取る。
d0119595_841569.jpg

焼酎を吹いてカビよけした容器に平らに並べ、粗塩をばさばさと振って、また梅を重ねていく。
追熟させた梅なら重しは軽くても良い、という意見を見かけたので、いつもは梅と同じくらいの重さを載せるところを、半分ちょいの3.5kgにしてみた。
塩加減はいつもの18%で。

あとは白梅酢が上がるまで放置。
カビたりしませんように。

※2013.6.6追記
 梅酢の上がりが遅い?(3日目で梅の高さの半分ほど)ので、梅の倍の重石を載せてみた。
 まだ梅酢に浸かってない部分に、茶色くなったり、ヘタのところに白カビが出たりしてるヤツが出始めた!
 重石よ、卿らの活躍に期待するところ大である!

 2013.6.9追記
 無事、白梅酢が上まで上がってくれたので、琺瑯の容器に移して3.5kgの重石一つにした。
 さてさて、どんな出来になりますやら。
PageTop
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Flower Cake Skin by Sun&Moon