いつかどこかで考えたこと。
Top ;Log-in
<   2014年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧
|
2014年 10月 29日 |
秋野菜を植える時期ですな。
今日はいい天気で気温も低くなく、畑仕事にはいい陽気。
まずは来月中旬、タマネギを植える場所を耕しましょ。
うちの菜園は恒久的な畝を作らず、何かを植える都度必要なだけ耕して場所を作るやり方でやっているので、小回りが利く反面、通路になってた部分の土を耕すことになると、堅く踏みしめられた地面と格闘することになって、相当くたびれる。
今年タマネギを植える予定の場所の半分は、夏の間通路になってたところなので、もう堅いこと堅いこと。
耕したら、堆肥と苦土石灰、化成肥料など撒いて混ぜ、寝かせておく。
d0119595_13162598.jpg


さてさて、大根と菜っ葉の間、こないだまで落花生が植えてあったこの場所に、今年のにんにくを植える。
d0119595_13251679.jpg

ここは前もって耕して施肥しておいたので、今日は軽く耕して土を均し、穴を掘ってオルトラン粒剤をぱらり、小分けしたにんにくをひと粒ずつ植えていく。
d0119595_13255794.jpg

土をかぶせて出来上がり。
今年の品種はホワイト六片、にんにくの王様的な品種なので楽しみ。
全部で36個ほど植えた。

去年(今年の収穫分)は春先から病気になって出来がさっぱりだったので、今年は気を付けるぞー。

久々に土を耕したので、腰が疲れて張ってます。
でも明日はソラマメ蒔く所を耕さないとな。
2014年 10月 25日 |
朝からいい天気、気温も21℃まで上がるというので、チャリ散歩へ。
出発は9時過ぎ、まだ少し肌寒いカンジだったので、半袖ジャージの上にウィンドブレーカを羽織って出発。

しかしホントに天気がいい。
今日の午後、さいたま新都心で行われる「さいたまクリテリウム」、去年は生憎の土砂降りだったけど今年は晴れて良かったなぁ。
別に見に行く予定があるわけではないけれど、そんな事を考えながらペダルをくるくる。

さーて、どこまで行きますかねえ今日は。
とりあえず東川口駅の裏の丘を越えて東北道のアンダーパスをくぐり、東沼神社からGHRへ。
陽気がいいからか、途中幾つかある公園にも沢山の人出。
見沼弁財天の先では、コスモス祭りをやってたりも。

いつも30kmコースの時に折り返す七里総合公園へ到着、さーて戻るかーと思ったら、先客のロードバイクが停めてあるのが目に付いた。
青白のスペシャライズド・ルーベに赤黒のピナレロ・ドグマ60.1。

…ルーベにドグマ?

二度見しちゃったよ!

こんにちはーと声を掛けたら、やっぱりリリミア姫とアレクトル王子だった。
初めまして、いやーやっとお会い出来ました。

実は、自分がロードバイクに乗り始めるきっかけになったのがこのリリミア姫である。
当時遊んでいたリネージュⅡというゲームでリリ姫のクランにお世話になっていたのだが、チャットでロードバイクの素晴らしさについて熱弁を振るう姫に影響されて(またクランの他のメンバーにも自転車愛好者がいてその人にも熱心に薦められた)、それまでこれっぽっちも興味なかった自転車(それも高級なヤツ)に乗ってみっかー、と思ったのが始まりで、今ではすっかり自転車は趣味の一つになってしまった。
リネージュⅡは全然やってないけど。

せっかくだから少し一緒に走りませんか、とお誘い頂いたので、有難く同行させていただくことに。
見沼代用水が東縁と西縁に分かれる瓦葺調節堰まで、のんびりペースでサイクリング。
d0119595_1456925.jpg

また走りましょう、と約束して川口自然公園でお別れ。

お疲れ様でした。

リリミア姫のサイト
ツァイリン エンパイア

アレクトル王子のブログ
アレクトル自転車航行記
2014年 10月 20日 |
土曜日のフットサルの帰り、友人のかっちんに「明日、浅草行きませんか」と誘われた。
並木の藪蕎麦で軽く食べて、それから神谷バーで一杯引っ掛けようという計画らしい。
そういうことならモチのロン、とハナシがまとまった。

翌日曜日、14時に浅草駅前でかっちんと合流、てくてくと歩いて並木へ。
昼時を外したものの、そこはやはり日曜日。
10人ほどの先客の列の最後尾について待つことしばし、相席の座敷に通された。

まずはお酒だよねー、ということで菊正の樽を。
この後もあることだし、二人で一本取って分けることにした。
さてさて枡に入った一合徳利が運ばれてきました。
そしてグラスが二つ、酒とセットの蕎麦味噌も二つくれるのが嬉しいねぇ。
d0119595_1915323.jpg

などといかにも馴染みっぽく言ってるけど、白状するとこのお店に来たのは実は二回目。
初めて来た時はお酒頼まなかったので、この蕎麦味噌を喰べるのって初めてなんだよね。
ここの蕎麦味噌は甘味噌に炒った蕎麦の実を混ぜて練った物。
お店によっては、白味噌に蕎麦の実を混ぜ、小さなしゃもじに塗って焼いて出すところもあるよね。
どちらも好きだけど、並木の味噌はねっとりと手応えがあって、味が深かった。

樽の杉の香りが堪らない菊正を一口含んでこくり、ホウッと息をついて広がる余韻を楽しみ、この味噌を箸の先でちょいと拾って口へ。
濃厚な甘味とコク、カリカリの蕎麦の実の歯ざわり。
いやー、実に幸せ。
本当は焼き海苔かなにかでコイツを3,4本やって、したたか酔いたいところなんだけど、蕎麦屋で酔っ払うなんて男の風上にも置けないよ、という池波正太郎の教えに従って、今日は軽く引っ掛けるだけにしておきましょう。
しゃっきりと引き締められて香り高い蕎麦を手繰って、さっと帰りましょう。

実はこの日、五勺の酒でいい気分になって、カメラ取り出すの面倒臭くなっちゃったので、蕎麦の画像は前に行った時の物です。
d0119595_19333697.jpg

濃い味の汁(ホントに濃い!)をちょこっと付けて、つるつる。
蕎麦と酒の相性は、本当に良いよなあと再確認。

ごちそうさま、美味しかったです、また来ますね。
2014年 10月 07日 |
日頃愛用している醤油は奥出雲の井上醤油店の「古式じょうゆ」というヤツなんだけど、たまには他のも試してみようかな、という気になった。
なので、以前友人のネットショップを手伝っていた時に知った、宮城県は大河原町の玉松味噌醤油株式会社というところの「一目千本桜醤油」を買ってみた。
d0119595_13444170.jpg

地元産の大豆を使い、名所である千本桜の花から培養した酵母で仕込んであるとか。

d0119595_13473668.jpg

色味はさほど黒くない。
ぺろっと少量舐めると、口の中にコクたっぷりの旨味が拡がるひろがる。
食材と合わせると、どんな風味になるんでしょうか。楽しみ。

味噌や醤油、塩なんて基本的な調味料だけど、それだけに地方地方に特色のある物が沢山あって、色々試すのが楽しいです。
2014年 10月 01日 |
4年ほど前、体の不自由な家族を病院その他へ送迎するのに必要だから、と買ったクルマだけど、去年その当人も亡くなり、さほど必要では無くなってきたので、思い切って処分することにした。
実際のところ、最近は自分がジムへ通うのに使っていたくらいがせいぜいで、それならばクルマの分の経費を他に回そう、というハナシである。

とはいえ、日常に使える足が何か無いと困るので、普通の自転車を買った。
ブリヂストンのVEGASという小径車である。
d0119595_19213182.jpg

自転車はロードバイクが一台あるけれど、カゴもキャリアも、それどころかスタンドも付いていないので、普段使いでは正直難しいシーンもあるからね。

重いものを乗せることを考慮して、オプションのリアキャリアと両足スタンドの取り寄せを頼んである。
ホントは納車日の今日、その二つを取り付けた状態で受け取る筈だったんだけど、まだメーカからオプションパーツが届いていない、ということだったので、車両だけ貰ってきた。

軽くて乗りやすい、いい自転車です。
まだ自転車さんから自宅までしか乗ってないけど。
PageTop
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Flower Cake Skin by Sun&Moon