いつかどこかで考えたこと。
Top ;Log-in
2016年 05月 03日 |
久々にラーメンを自作しようと思い、近所の肉屋で鶏ガラと豚ガラを買ってきた。
鶏の胴ガラが4羽分、豚の大腿骨を2本。
豚ガラは「お、大将またラーメンかい? 割っといた方がいいよな?」と肉屋さんがハンマーで割ってくれた。
ありがたや。

さて、いつものように大鍋に湯を沸かして、煮え立ったらガラを投入。
20分ほど煮立たせてアクを出したら茹でこぼして、ガラを水で洗って血の塊とか内臓の残りとか、ニオイの元になりそうなところを取り除く。

改めて大鍋に水を張って火に掛け、湧いたら洗ったガラとその他材料を入れる。
昆布、長ねぎの青いところ、しょうがひとかけは厚めにスライスして、それとりんごの皮と芯、えーとにんにくはどこだ? ありゃ、在庫切れてたじゃあ無しで。
d0119595_13475554.jpg

今回は少しこってりしたスープにしたかったので、豚ガラの髄が出てくるまで煮ることに。
大体3時間くらいかなぁ。
火加減は少々ボコボコいうくらいにしてみた。

鍋の湯が減っても足し湯をせず、濃厚な線を狙ってみたら、結構いいカンジのスープになった。

手持ちの煮豚のタレと合わせて、こってり醤油ラーメンの出来上がり。
d0119595_1352958.jpg

具がメンマと刻みネギだけだと絵的に寂しいな。
つうかあんまり美味しそうに見えないけど美味しかったよ!

もっとこってりを目指すなら火加減は終始強火で長時間、丼にラードや香味油などを足してさらに濃厚に、というのもありかな。
いつもはガラで採ったスープを小鍋に取り、鰹節を入れてひと煮立ちさせて和風にするんだけど、今回はガラの力を再確認したくてシンプルに作ってみた。

中細麺との相性バッチリでした。

※2016.5.4追記
丼にスープ張るとき、タレにハイミーを小さじ1杯足したら、さらに美味しくなりました。
ラーメンと化学調味料はやっぱり相性いいんだよなー、悔しいけど。
太麺も受け止める力強いスープになりました。
残りのスープはワンタンにして、綺麗サッパリ完食。

白菜や人参、キャベツなどのくず野菜やしいたけ、煮干し、節類など入れればもっと複雑なスープになると思うけど、今回は備蓄してなかったので上記材料だけで作ったけど結構イケました。
鶏ガラだけでなく、豚ガラを入れたほうがコクのあるスープになる、というのを改めて勉強したぞ。
2016年 03月 30日 |
さて、宿で荷物を解いて、とりあえず近場の名所的なモノでも見に行くかー、と、少し歩いたところにある殺生石(せっしょうせき)へ向かっててくてく。

その昔、九尾の狐という魔物が退治されて石に変わった姿が殺生石である、という伝説があるそうな。
これが件の殺生石。
行ってみたら急にものすごく強い風が吹き始めて、なんか狐の怨念的なモノを感じたり感じなかったり。
d0119595_17111662.jpg

他に見るべき物も無かったので宿に戻り、温泉へ。
写真は無いけど、かけ流しのにごり湯がたっぷりで、大満足。
お風呂は24時間入浴OK、2つある浴室は21:00を境に男湯と女湯を入れ替える、ということだったので、翌朝もう一つの方に入りました。

今回の旅行の目的は、「特に何という予定を決めず、部屋でダラダラしようぜ」というものだったので、その通りメケ持参のトランプでババ抜きしたりしてダラダラ。

そのうち夕食の時間。
朝夕の食事は、部屋へ御膳を運んでくれるので楽ちん。
見よ、この豪華な料理。
d0119595_17111848.jpg

たっぷりとお櫃に入ったご飯は友人達にまかせて、酒呑みのHYBは料理を肴に道中買った那須の地酒と、茶里さん土産の静岡の酒をやりつつ完食。
食後は今中さん持参の人生ゲームで盛り上がる。
d0119595_17112121.jpg


翌朝目覚めてから、ひとっ風呂浴びて朝食。
朝から釜飯ですよ、それも絶品の。
味噌汁の出汁も香りが素晴らしくて、もう大感激。
d0119595_17112476.jpg

これだけの食事にたっぷりのお湯、布団の上げ下げも宿の方がしてくれて、これで一人頭¥10,000とは安すぎる。

さて帰るまでどこか適当に目についたとこ冷やかすかー、ということでまずはここへ。
戦争博物館。
d0119595_17112681.jpg

入場料1000円ということでしたが、中には入りませんでした。

次は道端の看板で見かけて気になった大麻博物館。
d0119595_17113114.jpg

d0119595_17112943.jpg

ソッチ系のブツ売ってんのかと思ったら、繊維とか麻を使った文化とかそういう方面でした。
結局何も買わなかったな、ここで。

せっかくだから、昼飯は那須牛使ったハンバーグとかそういうのを喰おうぜー、と店を探しつつ駅方面へ向かうも、すでにその手の観光レストランが立ち並ぶ界隈を過ぎてしまっていたようで、結局昨日も寄った那須野屋さんへ。

うにちゃんが喰べてた大盛りが気になったのと、昨日のラーメンに載ってたチャーシューが美味しかったので、今日はチャーシューメンの大盛りを注文。
さすがに丼がデカい。
d0119595_17113483.jpg
d0119595_17113788.jpg

お腹いっぱい、満足まんぞく。

帰りは新幹線で大宮まで、京浜東北線と武蔵野線、埼玉高速鉄道を乗り継いで最寄り駅まで。
d0119595_17114074.jpg

割合近いのに、今まであまり縁が無かった那須、結構いいところでした。
また行こう。
2016年 03月 30日 |
3月20日(日)・21日(祝)と仕事が連休だったので、友人達と連れ立って温泉に行ってきた。
場所は栃木県は那須、鹿の湯というところ。
硫黄たっぷりのにごり湯、ということで、さぞかし温泉気分が味わえるだろうと楽しみにしてました。

同行者はうにんこテールさん、茶里さん(またの名をVIERIさん)、今中さん(またの名を春歌さん)、メケさんの4人。
さて旅行当日、うにちゃん、茶里さんと私の電車組は、東京駅の東北新幹線ホームで集合。
11時12分発の「なすの」に乗り込む。
d0119595_1447464.jpg

d0119595_1447758.jpg

お茶など飲みながらバカ話。
左端のテーブルに置いてある私のデジカメのケース、このあとすぐにどっかで落としました。
カメラの方を無くさなくてよかった。
d0119595_144795.jpg

さて、小一時間で那須塩原駅に到着。
ここでクルマ組の今中さん、メケさんと合流。

さーて、まずは昼飯でしょ!
ということで、前日にメケがGoogleストリートビューと直感を駆使し、5分弱という時間を掛けて駅前に見つけ出した「那須野屋食堂」へと繰り込む。
実に味わい深い店構え、
d0119595_14463741.jpg

そして泣かせる、この安さ。
d0119595_1446427.jpg

初めての食べ物屋さんに行った時、メニューに一番シンプルなラーメンがあればまずそれを頼むワタクシなので当然ラーメンを。
d0119595_1591820.jpg

見た目を裏切らない、シンプルで飾らない美味しさ。
こうこう、こういうの食べたかったんだよね旅先だし!
もやしそばの大盛り(麺2玉)を頼んだうにんこテールさんは死にかかってましたが。
ごちそうさまでした。

お腹も膨れたところで今中さんとメケさんのクルマに分乗し、宿へ。
今回泊まったのは「旅館 山快」というところ。
d0119595_1593697.jpg

d0119595_15125263.jpg

外見は古びているものの、掃除が行き届いていてゆったりできる宿でした。

長くなったので続きはまた今度。
2016年 02月 17日 |
25年ぶりくらいにコンバースのオールスターを買った。
スタンダードなキャンバス製のヤツ。

d0119595_17504623.jpg
普段履きの靴が、気が付いたら一足だけになってしまってたので、久々にコイツを買ってみた。
中学・高校の頃はよく履いてたなぁ。
その頃と値段が変わってないのも驚きだが、相変わらずのペラい安っぽさも変わってなくて安心。

登山靴やら自転車用の靴やらは買ってるけど、スニーカーを買うのは結構久しぶりなような気がする。
仕事履きはしょっちゅう買ってますが。
消耗激しいんだもん。

2015年 12月 23日 |
12月の恒例行事となりつつある、鷲宮神社への参詣に今年も行ってきた。
生憎の雨模様の中、遠路はるばる群馬から到来の友人、今中さんのクルマでひとっ走り。
まあ行って特に何をするというでもなく、参拝したら門前の商店街(というにはあまりにも寂れてるけど)を覗いて、なにか土産を買って帰るというだけのハナシである。
去年見つけた「ツンダレ中濃ソース」が思いの外美味かったので、それを買いに行ったようなもんだったんだけど、寄った店では在庫なしということ、残念。

代わりにうまからソースというのを買ってきた。
d0119595_10175033.jpg

d0119595_10175939.jpg

d0119595_10175925.jpg

キムチ味、とあるけれどあまりキムチっぽく感じない。
まあ唐辛子とにんにくと酸味の効いた味ではある。
りんごパルプ(こんな物があるんだね知らなかった)のせいか固形物がかなり多い、どろっとしたソースなんだけど、注ぎ口が狭いのでかなり力強く振らないとビンから出てこないのはご愛嬌。

こちらは今中さんからお土産に頂いた酒、赤城山。
d0119595_1018070.jpg

からくちとラベルにある通り、柔らかな口当たりながらべたついた感じは無し。
スッと口に入ってきて、飲み込む瞬間「どうよ? オレ辛口だろ?」とばかりにキリッとした強さを残して、胃の中に滑りこんでいく。
美味い酒でした。
PageTop
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Flower Cake Skin by Sun&Moon