ロードバイクを買って一ヶ月

実際にはひと月ちょっと経ってますが。

いつも走りに行くコースは芝川の八丁橋から芝川CR~荒川CRで荒川河口、もしくはやはり八丁橋近くの見沼通船堀辺りから見沼代用水東縁の緑のヘルシーロードを北上して柴山伏越サイホンで折り返し、というところで、どちらも自宅から往復で80km程度。
なので、一人で走るときは一日100kmを超えることは殆ど無い。

最初にロードバイクを買って、店から自宅まで5kmほど乗って帰ってきて、その足で近所をちょろっと走っただけでケツが痛くなった。
モンベルのパッド付きショートパンツを買って穿いてもまだ痛くなって、「こりゃたまらん、ロードバイクなんか買ったのは失敗だったかな」などと半ば諦めていたのだが、この頃はそんなに激痛というほど痛くはならなくなってきた。
最近穿きだしたジェルパッド付きレーシングパンツのおかげかと思い、昨日は再びモンベルのショートパンツで柴山伏越まで走ってみたけれど、全然痛くならないのである。
慣れたというのもあるだろうし、おそらくペダルを踏むときのカラダの使い方や姿勢なんかも、知らず知らずのうちに変わってきてるのかも知れない。

オレはアスリートや競技志向の人がやるような心拍計・ケイデンス計などを使ったトレーニング的な乗り方はしていなくて、どちらかといえばサイクリング志向というか、要はその辺を自転車で走って景色が変わっていけばもうハッピー、みたいな感じなんだけど、そんな乗り方のオレにとっても、取り回しが軽く、ちょっと踏めばグンと加速してスピードも出せる、少々の坂道も軽いギアにしてやればヒイヒイ言うこと無く登っていけるロードバイクは、楽しい乗り物だ。

自転車関係のBlogを見ていると、その辺の価値観というかどこに楽しみを見いだすか、みたいなところは本当にみんな千差万別で、乗る度に心拍・回転数・速度のグラフを載せて自分のポテンシャルを確認・管理している人もいれば、ロングライドしたコースをマップで紹介しながら途中の様子を画像でアップする人、はたまた各部パーツの交換と調整、加えて夜間走行用のライトの明るさ・使い勝手など検証して拘りのセッティングの一台を目指す人、メタボ対策に夫婦で自転車を買うことを決意、クロスバイクって何? 自転車専門店って敷居が高くて店員さんに質問とか出来ないよ! というところから始めて、今では夫婦でお互いに複数台の自転車を持つようになってしまった人など、実に様々である。

言い換えれば趣味としての間口というか、アピールポイントが幾つもあるということなんだろう。

今日で積算走行距離がちょうど1,000kmになった。
これからは寒くなるから、暖かい装備を考えないとな。
by hybrid-jp | 2011-10-20 10:18 | 自転車 | Comments(0)

いつかどこかで考えたこと。


by hybrid-jp