たくあん2018

今年もたくあんを漬けますよ、あ、それ♪

なんだそのノリは。

さて、畑で採れたたくあん用の大根(というのがある)。
一週間ちょっと干して、くたくたになったところを計量。
全部で17kgでした。

d0119595_08225406.jpg
d0119595_08231601.jpg

大根の重さの4%の塩とザラメで漬けるのがhybrid-jp流なので、それぞれ680gずつ混ぜ合わせた物に米ぬかを合わせる。
この米ぬかの量がどのくらいか、は未だよく判らないんだよな。
とりあえず1kg用意。いつもは近所の米屋さんで生ぬか買ってくるんだけど、昨晩寄ったらもう閉まってたので、スーパーでぬか漬け用の炒りぬか(唐辛子・昆布入り)を購入。

容器に大根をぎっしり並べて、塩・ザラメ・ぬかの混合物をバサバサと振りかけ、また大根を並べる、の繰り返し。
d0119595_08232745.jpg

最後に重し。
とりあえず30kgくらい乗せて、水の上がり具合を見て調整しましょうか。

d0119595_08232663.jpg

汗をたくさんかく暑い夏は、きゅうりやなすといった夏野菜の、酸味の効いたぬか漬けが美味しいし、またぬか床も良く育つ。
寒い冬は白菜や高菜、山東菜といった冬野菜の塩漬けが美味しいし、柚子のへぎ切りなんかがこれまた良く合う。
季節に応じて起こるカラダからの要求と、その時期の収穫、その季節に合った調理法、という組み合わせを選び取っていった先人たちの工夫には、ホントに頭が下がる。

季節の味わいでやる一杯は、何物にも代えがたいよね。

by hybrid-jp | 2018-12-16 08:35 | 食べ物とか | Comments(0)

いつかどこかで考えたこと。


by hybrid-jp