お手入れ2

革ジャンに油を塗るの図。
d0119595_5105082.jpg

実は革ジャンというものは、今に至るまで買ったことが無い。
何着か着てきたが、今持っているこの二着含め全て貰い物である。
ちなみに、塗っているミンクオイルまでも貰い物だったりする。
ハハハ。

ありがとう、大切に着ています。

奥のフライトっぽいのはTSUGEのアタックサバイバルをくれた知人から。
裏地全面と首回りの毛のおかげで、下はTシャツ一枚でも暖かい。
何年か着ていたら、いつのまにかボタンがいくつか取れていたりしたので
似たようなボタンを見繕ってきて、自分で補修したりした。
手前のダブルのはドラマーでバイク乗りな友人から譲り受けた物。
もらった時点で両袖のスナップ部分が革ごとぼろぼろになって腐食していたので、
近所のリフォーム屋でリペアしてもらった。
フライトはウルグアイ製、ダブルはトルコ製だと今見たら書いてあった。

乾いたぼろタオルにミンクオイルを少し取って、ちょいちょいと塗り伸ばしたら
すぐにもう一枚のぼろタオルで乾拭きしながら馴染ませる。
正しい塗り方なのかどうか知らないが、これでいいことにしている。
思い返すとだいたいこの時期、ストーブの前であぐらかいてやってるように思う。
寒いとミンクオイルが固まってるので、ストーブで気持ち暖めて和らげたりしつつ。
羊革(フライトがそう)にはミンクオイルはダメだ! という説もあるみたいだが、
いまさら遅いので聞かなかったことにする。

ついでにナイフシースにも少々塗っておこう。
by hybrid-jp | 2008-01-30 05:44 | ギア | Comments(0)

いつかどこかで考えたこと。


by hybrid-jp