我が心の特急電車

オレはいわゆる「鉄っちゃん」ではない。
全国の各線で使われている車両形式や編成など全く判らないし、
新型車両の写真を撮る為にホーム先頭で三脚立てたりもしないし、
色々な車両や路線に乗って旅することが好きなわけでもない。
まあ、強いて言うならば「地元の鉄道のファン」といったところだと思う。

現在住んでいる町は東武伊勢崎線沿線なのだが、
子供の頃、東武といえば両親の田舎へ行くためのお出かけ電車だった。
父が栃木県の壬生、母が群馬県の伊勢崎。
その頃は東武線はまだあちこちに乗り入れていず、
準急という「各駅よりはちょっと早いヤツ」の始発が浅草だった。

当時住んでいた横浜から京浜急行で品川へ、都営浅草線に乗り換えて浅草。
改札を出て通路から地上へ出る。
横断歩道を渡ると、東武電車と大きく書かれた松屋デパートの建物がある。
ここが東武線の浅草駅だ。

1Fで切符を買い、2Fの改札をくぐってホームへ行くと、端っこのホームに
見慣れない車両が停まっていることがあった。
鬼怒川方面へ向かう特急「きぬ」や「けごん」である。
その格好よさに一目で惚れ、アレに乗りたい! と父に言うも、
あれはお父さんの田舎へは行かないよ、と言われた。
今にして思えば同じ日光線を走るのだから新栃木あたりで乗り換えれば
壬生にだって行けるわけだが、家族の人数分の特急料金もかかるし
準急で充分だ、という思いが父にはあったのかも知れない。
小学生のオレは、かっこいいなあ、いつか乗ってみたいな、と思っていた。

会社員になってから、公用で鬼怒川や日光に出かける機会を得たが、
その時にはすでにこの路線の特急車両は新型の物になっていた。
残念ながら、「あこがれのあの電車」には乗れなかったのだ。

色々と調べていたら、当時のあの車両(1720系というらしい)が
程近い岩槻城址公園というところに展示されているらしい。
というわけで、行ってきた。
d0119595_16101570.jpg

剛健にして流麗、シンプルながら優美。
今見ても、なんとなく「格好よさ」を漂わせているように見えない?
土・日・祝日の10:00~15:00(12:00~13:00はお昼休み)は
車内も開放されているらしい。
今度行ってみようかしらん。
Commented by 早鞆干珠 at 2008-03-04 19:24 x
名前もさることながら、いいツラ構えの列車だね~。
無骨なライトがカッコいい!。
Commented by クロモリはがね at 2008-03-04 20:42 x
デラックスロマンスカーだっけ。
懐かしい。
子供の頃はロマンスカーの3100系やらパノラマカーの7000系やらビスタカーの30000系に乗ってみたかったものです。
Commented by なごみ at 2008-03-04 23:57 x
カラーリングといい、ボンネントのある国鉄485系チックですね。
by hybrid-jp | 2008-03-04 16:34 | 平穏な日々 | Comments(3)

いつかどこかで考えたこと。


by hybrid-jp