Interstellar Overdrive

久しぶりに星でも見たくなって、天体望遠鏡を引っ張り出すの図。
d0119595_8462512.jpg

10年前に買ったビクセンの100mm反射望遠鏡、GP-E-R100M。
とうの昔にカタログ落ちしてて寂しかったりしますが。

子供の頃から宇宙とか星とか好きだった。
宇宙や星について書かれた本、その神話なんかもよく読んだ。
学研のひみつシリーズ(これはシリーズ全冊読破した)の一冊、『宇宙のひみつ』。
子供向けに書かれた『ギリシャ神話』。
小山田いくの初期の名作、『星のローカス』。
その他、もろもろ。
かといって、天文部とか地学部に入ろうと思ったことは無いわけだが。

小学生の頃、父親に『天体望遠鏡が欲しい』と何度かねだってみたものの、結局買ってもらえなかった。
子供のおもちゃに安直に買い与えるほど、安い物では無かったのかも知れない。
社会人になってしばらく経ったある日、PCパーツを買いに量販店へ行った際、売り場の一角に並んでいるのを見てふとその頃を思い出し、購入。
9万円くらいだったように記憶している。
確かにほいほいとは買えないわ。

付属してきた2個の接眼レンズで、40倍と160倍での観測ができる。
このくらいの倍率でも、土星の輪や木星表面の模様、4大衛星なんか充分見える。
初めて自分の目で土星の輪っか見たときは感動したなー。
『オイ、ばっかでー、マジで輪っかあるよコイツ』とか一人アパートの前で口走ってた記憶が。

今日の夜晴れてたら、なんか惑星でも探してみよう。
Commented by アイラ at 2008-05-21 21:36 x
おお!いいねw
もし遊び行ったら見せてYO
Commented by hybrid-jp at 2008-05-23 14:49
>アイラ

おけええええええええええええ
でも、引っ張り出してから毎夜曇りでなんも見えねーぜ!
やっぱり天体見るなら冬かのう。
by hybrid-jp | 2008-05-21 09:23 | ギア | Comments(2)

いつかどこかで考えたこと。


by hybrid-jp