味噌汁

今日は画像は無しで。
ご飯と味噌汁。
これだけで飯が食えるようになったというのは、やはり歳を取ったということなのでしょうか。
昔は味噌汁なんて見向きもしなかったのになぁ。
そんな訳で、三日前に作った豚汁の残りで朝飯を終えたオレがお送りします。

味噌汁ってのも、いざ自分で作るとなるとなかなか難しいものだったりする。
出汁は何でとるか、その分量は水に対してどのくらいなのか、そして味噌の分量は。
などなど、自分でやってみると意外と試行錯誤のしがいがあるものだ。
だから、一人暮らししてる人なんかだと、面倒だからお湯注げば出来上がるインスタントで充分、てなことになるのも頷ける。
オレもキャンプに出たりしたときはインスタントのお世話になるし。

でも、たまに作ってみると新しい世界が開けるかも知れませんよ?

オレの味噌汁の作り方。
鍋に水を張って昆布を一切れ放り込み、頃合を見て火にかける。
沸騰直前に昆布を取り出してかつお節を投入、少々煮立ててから火を止める。
かつお節の量は水2カップに対して1カップ山盛り、とかいうけどいちいち計ってらんないので適当に。
昆布は水2カップなら2cm四方くらいかね? 良く判らん。

さて、出汁をざるかなんかでこして鍋に戻し、煮る必要のある具ならここに入れて煮る。
煮なくてもいいものなら味噌を溶き入れてから具を入れる。
味噌は食べて美味しいと思う好みのやつでいい。
九州の人は甘い風味の麦味噌がいい! と言うかも知れないし、越後の人は麹のたっぷり入ったものが最高! というかも知れない。
信州、仙台、尾張、京都などなど、地方によって様々な逸品があるのが味噌である。
好きなのを使いたまえ。
オレは大抵信州あたりの赤すぎず白すぎないヤツを使う。
しじみ汁やなめこ汁には八丁味噌を使うけどね。

味噌の分量は一人前の椀に対してピンポン玉ひとつくらい、らしいが味噌によって塩気は随分違うので味見しながら試してみて。

もやしを油でさっと炒めたもの(まだ白っぽくて生っぽいうちに火を止める)をぶち込んだものや、同じようにほうれん草を炒めたものを入れた味噌汁が好き。
七味を振って啜ると体があったまるし、寒い季節には実にいい。

コンスタントに料理を作るようになってから随分経つけれど、自分で納得がいく味噌汁が作れるようになったのは最近のことだ。
最初は誰でもテキストと顔つき合わせてチャレンジしていくものだと思うけれど、目分量、手分量でうまい味噌汁が作れるようになったら、料理のベテランを自称してもいいように思う。
Commented by 紅子 at 2008-10-13 07:30 x
みそ汁・・・大好きなんだけど、うまく作れない。。。
昆布で出汁っていうのもいいね。
私は手間をかけずに粉末のだしの素ですませちゃってます(--;
味噌は白と赤の合わせです。(ここでいつも分量間違うのよね。。。)
しょっぱかったり、味が無かったりと、安定しないのです(´・ェ・`)
Commented by hybrid-jp at 2008-10-13 15:17
紅子さん>
自分でだしをとるよりも、粉末のだしの方がややもすると
美味かったりするのが油断ならないところです。
そしていつでも変わらぬように見えて、実は毎日違う味。
安定してそうに見えて毎回微妙に違う、それが家庭の味なのです。
by hybrid-jp | 2008-10-12 09:18 | 食べ物とか | Comments(2)

いつかどこかで考えたこと。


by hybrid-jp